ビタミンc欠乏症ビタミンシーケツボウショウ

ビタミンc欠乏症はどんな病気?
ビタミンc欠乏症になると、歯茎から血が出るようになります。悪化すると内出血を起こすようになります。内蔵からの出血や血尿などの症状が出ます。食欲が低下します。栄養が不足している妊婦さんがかかりやすい病気です。生後半年から1年の乳児も発症しやすいです。ビタミン剤の投与を受ける事で、不足したビタミンを補給して治療を済ませることができます。


ビタミンc欠乏症の症状
ビタミンc欠乏症の症状は、肌のハリが失われる、肌が乾燥する、身体がだるくなる脱力感、筋肉が痙攣する、関節痛、歯茎からの出血 、切り傷の治りが悪くなる、皮膚や関節内など身体各部で出血しやすくなり青あざや血が止まりにくいなどを起こす壊血病になる、骨がもろくなる、免疫力が低下する、食欲不振、下痢、目眩、うつ状態になるなどがあげられます。

ビタミンc欠乏症の原因
ビタミンc欠乏症の原因とは、ビタミンが不足する事で引き起こされます。まず偏った食生活が関係しています。ビタミンを豊富に含む食品を全く摂取しない事で、体に必要なビタミンを吸収する事が出来なくなるのです。その他には喫煙も関係してきます。食品からビタミンを摂取しても、煙草を吸うことにより、体内からビタミンが失われてしまうのです。

ビタミンc欠乏症の検査と診断
ビタミンc欠乏症とは、水溶性ビタミンであるビタミンCは生体内の酸化還元反応に関係し、また、コラーゲンの生成に必要なのですがこのビタミンC が欠乏する病気です。検査方法については、ビタミンC が欠乏すると毛細血管が脆弱となって全身の皮下、歯肉、間接内に出血が起こりやすくなるのでそこから診断できます。また、消火器管や尿道から出血が見られることもあるのでそこから判断できます。

ビタミンc欠乏症の治療方法
ビタミンc欠乏症の治療法とは、まず食事療法を行います。ビタミンを豊富に含む食品をバランス良く摂取するようにします。そしてビタミンcのサプリメントも効果的です。これを一日に必要な量だけ飲むようにするのです。ビタミンは体内に取り込まれる栄養素ですから、野菜等の食品から摂取するしか無いのです。そしてビタミンを失わせる喫煙は控えるようにします。

ビタミンc欠乏症の初診に適した診療科目

ビタミンc欠乏症の専門外来

ビタミンc欠乏症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ