ビタミンb2 欠乏症ビタミンビーニケツボウショウ

ビタミンb2 欠乏症はどんな病気?
ビタミンb2 欠乏症はビタミンの欠乏によって起きる症状のことです。栄養をしっかりと摂ることの出来る日本ではあまり問題にはなっていませんが、発展途上国ではかなり問題となっているのです。口内炎や肌や髪のトラブルを引き起こしますし、酷くなるとてんかんの症状も現れたりします。欠乏しているビタミンを摂ることで治療することもできます。


ビタミンb2 欠乏症の症状
ビタミンb2 欠乏症とは言葉の通りビタミンb2が欠乏することです。ビタミンb2が欠乏すると、口内炎、口角炎(口のはしがはれて切れてしまう)、舌炎(舌がはれて痛みを感じる)、脂濡性皮膚炎、脱毛などの皮膚や粘膜などのトラブルに繋がります。更に目の充血や眼精疲労の症状になることもあり、進行すると白内障を引き起こす恐れもあります。

ビタミンb2 欠乏症の原因
ビタミンb2 欠乏症はビタミンB2の少ない食事を続けていたり、アルコール依存症や肝機能の低下による肝機能障害によって引き起こされます。ビタミンB2には粘膜を保護する役割があるため粘膜の炎症が起こりやすくなります。よって口内炎や口角炎、舌炎などの口の中の炎症、角結膜炎などの病気の発症、のどの痛み性欲の減退などの原因になりうる病気です。

ビタミンb2 欠乏症の検査と診断
ビタミンb2 欠乏症は子供の成長促進に関与するため成長不良に繋がります。口内炎や口角炎、舌炎など粘膜のトラブルが起き、進行すると白内障を起こす危険があります。エネルギーや脂肪の摂取量が多くなれば代謝に必要になるビタミンb2の需要も多くなるため欠乏しやすくなります。検査方法は医者へかかり抗生物質を飲み、なるべくビタミンb2を取ることで症状が落ち着きます。

ビタミンb2 欠乏症の治療方法
ビタミンb2 欠乏症の治療法ですが、食事療法により、自分で治療することができます。具体的な方法としては、ビタミンB2を大量に摂取することです。ビタミンB2は、成人男性の1日に必要な量が1・2mg、 成人女性の場合は1・0mgです。その約10倍、1日10mgを経口投与すると症状は治ります。食べ物の場合はうなぎや納豆、レバーや牛乳などがあります。

ビタミンb2 欠乏症の初診に適した診療科目

ビタミンb2 欠乏症の専門外来

ビタミンb2 欠乏症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ