末端肥大症 (肢端肥大症)マッタンヒダイショウ

末端肥大症 (肢端肥大症)はどんな病気?
脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモンが持続的に過剰分泌することによって起こる慢性疾患です。


末端肥大症 (肢端肥大症)の症状
鼻や耳、唇が大きく肥大し、眉部が膨らんだり、下顎が突出したりして、顔の形が変わってくることがあります。

末端肥大症 (肢端肥大症)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

末端肥大症 (肢端肥大症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ