胆管炎タンカンエン

胆管炎はどんな病気?
ヒトは食べ物を消化するために胆汁を胆嚢に蓄え、十二指腸に送ります。胆汁の通り道が胆管です。胆管が炎症を起こすのが胆管炎で、症状は発熱や腹痛です。胆汁の流れが悪くなると、皮膚や目玉が黄色くなる黄疸が現れることもあり、これは胆嚢やその周辺の異変を示す大きな手掛かりになります。血液検査、または超音波検査などで確定診断を行いますが、炎症の程度が軽ければ投薬治療も可能です。進行すると腹膜炎を引き起こします。


胆管炎の症状
胆管炎は胆石や腫瘍が胆のうにできることで胆汁が出てくる胆管に負担がかかり炎症を起している状態のことを言います。そのため胆汁が上手く排出されないので黄疸が出てきたり、右腹部に痛みを伴うことが代表的な症状として上げられます。この治療法としては、原因となっている胆石若しくは胆嚢にある腫瘍を取り除くことで殆ど完治するはずです。

胆管炎の原因
胆管炎の原因の多くは、胆石によるものと胆嚢などにできた腫瘍によるもの大きく分けられてきます。このような状態になってしまった場合は、炎症の要因となっている胆石や腫瘍を外科的手術で取り除くしか方法はないのはずです。放置しますと体に黄疸が出て、肝機能の低下を招きますのでできるだけ早期に医療機関を受診するのが望ましいはずです。

胆管炎の検査と診断
胆管炎の検査方法として、発熱や上腹部痛を確認した後、血液検査や腹部超音波検査を行います。血液検査では、白血球の増加や炎症反応、アミラーゼやビリルビンの増大などの肝機能障害を示す結果が見られます。また、腹部超音波検査によって、胆管結石の有無や胆管に拡張が起こっているかどうかを調べることができます。必要に応じて、CTやMRI、内視鏡検査も使われます。

胆管炎の治療方法
胆管炎の治療法は、まず安静を保つことが大切です。このとき食事は一切口にすることができません。栄養や水分は、点滴によって直接体内へ注入します。とても強い痛みがあるので、点滴から鎮痛、鎮けい(けいれんを抑える)抗生物質を投与して、回復を図ります。通常は数日で快方に向かいますが、これでも回復しない場合は開腹手術を行なわれます。

胆管炎の初診に適した診療科目

胆管炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

胆管炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ