E型肝炎イーガタカンエン

E型肝炎はどんな病気?
経口感染しますので、食物や飲料水が感染源となります。インドやネパールでの流行が報告されています。日本では、D型やE型肝炎はほとんど報告がないか、みかけることはありません。G型やTT型肝炎ウィルスに関しては、まだ十分わかっていません。さらに、これらのいずれにも属さない肝炎も存在すると考えられています。


E型肝炎の検査と診断
「肝臓は沈黙の臓器」とよくいわれますが、黄疸や腹水などの形で沈黙を破る前に、患者の血液を使って、沈黙臓器のささやきを感知するのが肝機能検査の重要な役割といえるでしょう。

E型肝炎の治療方法
急性期には、入院して安静を保ち、栄養に富むバランスのよい食事をとります。食欲がないときは、5%のブドウ糖や肝庇護薬、ビタミン剤の点滴をします。食欲がでてきたら、タンパク質を多く含む食事を心掛けます。E型肝炎は経口感染するので特に手荒いうがいが大切です。

E型肝炎の初診に適した診療科目

E型肝炎の専門外来

E型肝炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ