イレウス

イレウスはどんな病気?
イレウスは、腸閉塞とも呼ばれる消化器系の疾患です。大別すると機械性と機能性に分けられ、主な症状は腹痛、吐き気、腹部の膨満や排便や排ガスの途絶があります。分類によっては腸音の低下や金属音の発生が起こり、合併症としては嘔吐による脱水などが上げられます。多くの場合手術後の腸管の運動麻痺などが原因で、放置していると最悪の場合敗血症などを引き起こします。再発性は高いものの迅速に処置すれば軽快に治療出来ます。


イレウスの症状
イレウスとは、腸閉塞とも言われております。いろんな原因から腸管の通過障害や移送障害を起こす疾患です。この疾患の症状としては、間欠性の腹痛、嘔吐、腹部膨満、排ガス、排便の停止が代表的であり、腹部手術やヘルニアの既往がある人に好発します。高齢者は、大腸がんによる腸閉塞が起こりやすく表面に血液のついた細い便しかでないときは、診察を受けます。

イレウスの原因
イレウスは日本では腸閉塞として知られている症状のことです。腸閉塞の原因の多くは不明なのですが、一度腸閉塞になってしまった人は複数回なることが知られているので腸閉塞になったことがある人は急な腹中などがあったっばいは我慢せずにすぐに医療機関を受診してみることが必要なのです。腸閉塞を放置すると最悪の場合腸が壊死し多臓器不全になります。

イレウスの検査と診断
イレウスの検査方法は、まず一番始めに聴診器で腸の音を聞きます。もし腸の動く音が聞こえなければ可能性があります。その他にも血液検査(もし発症していれば白血球の数値がかなり上がっています)やレントゲン検査、超音波検査、CT検査などがあります。超音波検査やレントゲン検査では、腸内に溜まったガスによってわかりづらい時がありますがCT検査では、その影響を受けません。

イレウスの治療方法
イレウスの治療法としては手術的治療はお腹を切ることで新しい癒着を作ることになり、腸閉塞になりやすくしてしまうため避けるのが一般的です。ほとんどは手術以外の保存的治療で治ります。食事や飲水を中止し、胃腸を休めて十分な補液を行います。症状が進行した場合、鼻から胃や腸まで管を入れ、嘔吐の元となる胃や腸の内容物を体の外に汲み出します。腸の張りがなくなれば快方に向かいます。

イレウスの初診に適した診療科目

イレウスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ