下痢(症)ゲリ(ショウ)

下痢(症)はどんな病気?
下痢(症)になってしまった場合、すぐにお薬を飲んで止めようとしてしまいますが、これはあまり体にとってよくない行為です。そもそも体の中に、有害な物が入ってきたと判断したお腹が、それらを排出しようとする動きによって引き起こされる症状です。余程ひどい場合を除き、しっかり水分補給をしておけば心配はありません。毒素を排出する動きを止めないようにすることが回復のカギです。


下痢(症)の症状
下痢(症)になってしまった場合、すぐにお薬を飲んで止めようとしてしまいますが、これはあまり体にとってよくない行為です。そもそも体の中に、有害な物が入ってきたと判断したお腹が、それらを排出しようとする動きによって引き起こされる症状です。余程ひどい場合を除き、しっかり水分補給をしておけば心配はありません。毒素を排出する動きを止めないようにすることが回復のカギです。

下痢(症)の原因
下痢(症)は体内から危険な物質を排除しようという人体の自然の働きから起こるものですから、原因としては身体の中に予期せぬ異物が入り込んだということになります。食べすぎ飲みすぎよっても引き起こされますが、いちばん危険なのが食中毒によるものです。このときばかりは菌を体内から排除するため働きによって腸が活発化しているので、薬で抑えてはいけません。

下痢(症)の検査と診断
食事から体内に入った菌による一時的に排便コントロールができなくなる症状と、何週間もの間続く慢性的な下痢の症状と種類があります。検査方法はまず生活習慣や症状の出る時の状態を医師に伝える問診を行い、血液検査や検便・バリウム検査や内視鏡検査を行い、異常がないかを調べます。また大腸内視鏡や小腸の検査には小型カメラを用い、更に腹部のX線検査も行われます。

下痢(症)の治療方法
消化不良による下痢が続いている場合の治療法として、整腸の為の胃腸薬などを飲む事が一般的ですが、消化不良の場合は収まるまで出し続けるのも良いです。出し続ける場合は水分が不足して、脱水症状の合併症を引き起こす場合もあるので、ぬるま湯などの胃や腸に優しい水分を少しずつ摂取する事も不可欠です。そして、お腹を温めて横になっておく事です。

下痢(症)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

下痢(症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ