胆嚢炎タンノウエン

胆嚢炎はどんな病気?
胆嚢炎はストレスなどの内的な要因ではなく、外部からやってくる感染症によって発生します。この病気は外部からの細菌による感染で発症する胆嚢の炎症ですので、遺伝などによって病気の要因が決まっているわけではありません。症状は背中や肋骨の下部に痛みが出てきて,これに発熱や黄疸が伴うことになりますのでわかりやすく、症状が出た段階で医師に相談することが賢明です。


胆嚢炎の症状
胆嚢炎の症状としては、初期で右の肋骨の下の右季肋部からみぞおちである心窩部(しんかぶ)にかけ継続的な痛みで、 吐き気、嘔吐、発熱もあります。高齢者の場合は発熱しないこともあります。痛みは重苦しいような鈍痛から激痛を訴える場合まで個人差がありますが、長期継続する場合は白血球上昇、胆嚢壊疽、黄疸、膵炎、イレウス症などの合併症の可能性があります。

胆嚢炎の原因
胆嚢や胆管に大腸菌などの細菌が感染をして炎症を起こすのが胆嚢炎の原因です。胆嚢とは、肝臓で作られた胆汁を蓄積しておく器官なのですが、細菌にとって胆汁というものは非常に繁殖がしやすい環境なのです。そのため、細菌が急速に繁殖してしまうのです。また、胆汁の流れを阻害する胆石があるような場合、流れの悪くなった胆汁の中で細菌が繁殖してしまい、この病気が発症する確率が高くなってしまいます。

胆嚢炎の検査と診断
胆嚢炎の検査方法として、血液検査とX線、CT、MRI、腹部超音波などの画像検査があります。血液検査では白血球の数やCRPの値などの体内の炎症反応を示す数値の他、ビリルビン、肝胆道系酵素の数値が上昇していないかを確認します。画像診断では胆嚢が炎症を起こし肥大していないかなどを確認します。この時に胆石が発見される事もあります。

胆嚢炎の治療方法
胆嚢炎の治療の場合は、摘出術での治療法が望ましいですが、炎症が落ち着いた後でも、発症時でも手術は出来ますので、医者の判断次第となります。他には抗生物質での治療や針を刺して感染した胆汁を抜く方法があります。しかし摘出術以外での治療は改善しても再発する可能性があります。また悪化した場合は、胆嚢捻転症、急性胆管炎の合併、胆嚢穿孔などが考えられれますが治療はこれまでとほぼ同じです。

胆嚢炎の初診に適した診療科目

胆嚢炎の専門医

関連部位から他の病名を探す

胆嚢炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ