下肢静脈瘤カシジョウミャクリュウ

下肢静脈瘤はどんな病気?
下肢静脈瘤とは静脈の弁が正常に働かずに血液が逆流して、下肢に血液が溜まり、静脈が膨れて静脈瘤ができることを指します。症状としては、足の痛み、だるさ、むくみ、かゆみ、血管が膨れる、一部の血管が浮き出て見える、皮膚が茶褐色になる、などがあります。治療法としては、弾性ストッキングの着用、硬化療法、ストリッピング手術などがあります。


下肢静脈瘤の症状
下肢静脈瘤はとても辛い症状があります。足がむくんでしまって血管がムキムキにむき出し状態になってしまって非常に痛くなってしまいます。痛いため歩くことも難しく歩くのが辛いです。一度なってしまうと慢性的にその痛みが引き起こされてしまいますので多くの人たちが下肢静脈流の痛みには悩まされています。見た目もあまりよくないという特徴もあります。

下肢静脈瘤の原因
下肢静脈瘤は、高いヒールの靴をいつもはいている方や立ちっぱなしの仕事やデスクワークの女性に多く、足のふくらはぎの筋肉が十分に働かず血流が悪くなっている事が原因でなる病気です。この血管の病気は、ふくらはぎの静脈の血液がうまく心臓の方に行かず逆流してしまう事で、足の静脈が膨らみ、表面に小さなこぶがたくさん出てきます。血流が悪くなるのは、出産経験のある女性が多く、女性ホルモンも関係してきます。

下肢静脈瘤の検査と診断
下肢静脈瘤は、血管の中の血液がうまく流れているかを調べるために、脚に透明色のジェルを塗布し、超音波を当てるだけという簡単な検査方法です。立ったままの姿勢で受けられ、両足で10分から15分で終わります。検査中の痛みもなく、その後の生活も普通通りにできます。ただし、血管の浮き出方がひどい場合は、手術が必要となりますが、数日間だけの入院で済みます。

下肢静脈瘤の治療方法
下肢静脈瘤の治療法はストッキングを履くことが基本で、ストッキングで脚をくるんで静脈が皮膚の表面に浮き出てくるのを防止します。ストッキングは状態に合わせて脚を締め付ける強さを調整でき、状態に合わせて締めつける強さの異なるストッキングを使い分けます。ただ患部の脚にストッキングを履いていればいいだけなので、女性の場合は特に楽です。

下肢静脈瘤の初診に適した診療科目

下肢静脈瘤の専門外来

下肢静脈瘤に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ