リンパ管炎リンパカンエン

【どんな病気】
リンパ管とその周囲の組織の炎症で、細菌がリンパ管内に入り込み、炎症を引き起こします。リンパ管の炎症が中枢に広がると、“リンパ節炎(せつえん)”を起こします。リンパ節は首、腋(わき)の下、足の付け根に集中しているので、リンパ節炎を起こすとこれらの場所がはれてきます。

【原因】
主に溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)、時にブドウ球菌が四肢の外傷部、水虫感染部、潰瘍部などから侵入して起こります。

【症状】
急激な寒気と全身のだるさを感じ、時に40℃近くの高熱が出ることがあります。

【治療法】
急性期には、臥床(がしょう)して患肢の安静を図り、傷の手当てと冷却、抗生剤の投与を行います。放置すると敗血症(はいけつしょう)になることがあります。むくみが強い時は、利尿薬の投与を行います。
慢性期でむくみが強い時には、弾性ストッキングをはきます。リンパ節が明らかにはれているのに血液検査で炎症反応があまりみられない時には、リンパ節生検(組織を取って調べる検査)を行い、全身の病気が隠れていないかをみます。

【検査と診断】
視診で診断可能なことがほとんどです。細菌感染に伴い、白血球の増加や高熱がみられるのも特徴です。




リンパ管炎の初診に適した診療科目

リンパ管炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ