左心低形成症候群サシンテイケイセイショウコウグン

左心低形成症候群はどんな病気?
左心低形成症候群とは、左心房から僧帽弁、左室、そして大動脈から大動脈弓にいたるまでの低形成を主体とした疾患で、大動脈弁閉鎖(狭窄)と僧帽弁閉鎖(狭窄)を特徴としています。


左心低形成症候群の治療方法
一般的には、「ノーウッド(ノルウッド)手術」を新生児期におこない、その後乳児期にグレン手術、1~2歳でフォンタン手術をおこないます。

左心低形成症候群の初診に適した診療科目

左心低形成症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ