自発狭心症 (安静狭心症)ジハツキョウシンショウ

自発狭心症 (安静狭心症)はどんな病気?
自発狭心症(安静狭心症)は、発作発現様式での分類で、安静時にも起こるのことを言います。これらに分類される狭心症は、異型狭心症と不安定狭心症の二つです。前者は、冠動脈の痙攣や血栓形成による一過性の狭窄や完全閉鎖によって、一過性の心筋虚血が生じ、症状が現れます。15分から20分間ほど、胸痛がみられます。夜間から早朝にかけてなど、安静時に出現する前胸部痛です。


自発狭心症 (安静狭心症)の症状
自発狭心症(安静狭心症)の主な症状は、夜間から早朝、安静時に起こる前胸部・胸骨後部の胸痛です。この痛みは、15分から20分間続くと言われています。下顎、頸部、左肩または両肩、左腕、心窩部の放散痛がみられることもあります。心電図検査では、ST波が上昇します。心筋障害はみられないのが特徴です。また、この本病はニトログリセリンで緩和されることが特徴です。

自発狭心症 (安静狭心症)の原因
自発狭心症(安静狭心症)の主な症状は、夜間から早朝、安静時に起こる前胸部・胸骨後部の胸痛です。この痛みは、15分から20分間続くと言われています。下顎、頸部、左肩または両肩、左腕、心窩部の放散痛がみられることもあります。心電図検査では、ST波が上昇します。心筋障害はみられないのが特徴です。また、この本病はニトログリセリンで緩和されることが特徴です。

自発狭心症 (安静狭心症)の検査と診断
自発狭心症(安静狭心症)の原因として大きな要因は副交感神経が交感神経に切り替わるとき、神経が不安定になり、血管が急に収縮するという現象が起こることにあります。また、たばこに含まれるエストロゲンという物質を分解するときに血中濃度を下げることや、ストレスも発症の要因の一つです。さらに、降圧剤や頭痛薬の成分でも発症する可能性があります。

自発狭心症 (安静狭心症)の治療方法
自発狭心症(安静狭心症)の検査方法として有名なものは、24時間ホルター心電図です。24時間小型の心電図を記録する機械を装着して、心電図の変化を解析します。この機械を装着中には、いつどんなことを行ったかの行動を記録する必要があります。行動と心電図の波形を照らし合わせることで、多くの情報が得られます。24時間機械を装着しなければならないので、うっとおしさを感じる検査にはなりますが、有用な検査です。

自発狭心症 (安静狭心症)の初診に適した診療科目

自発狭心症 (安静狭心症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ