労作狭心症ロウサクキョウシンショウ

【どんな病気】
労作時狭心症(労作性狭心症)とは、運動などの少し激しく体を動かしたときに、症状が起こるタイプの狭心症です。体を動かすと、体の筋肉は酸素を多く必要とするので、全身の血流を早くするために心臓の動きが活発になります。心臓の動きが活発になることで、心臓の筋肉(心筋)にも多くの酸素が必要になるので、血流も多く必要になります。しかし、冠動脈が動脈硬化(粥腫)により狭くなってしまっていると、狭くなっている先に多くの血流がうまく行き渡らなくなります。そのために、心筋が酸素不足になってしまい、狭心症の発作が起こってしまいます。労作時狭心症の発作は、起こってから約5分以内におさまることが多いです。労作時狭心症は、動脈硬化の状態により、さらに分類されています。

【原因】
血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な血流・酸素が送り込めない時に胸の痛みが起こります。血管狭窄の原因の大多数は、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化(どうみゃくこうか)です。そのほか、血管けいれんも血管狭窄の原因となります。

【どんな病気】
代表的な発作の症状としては、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる、押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などがあります。大多数は胸部の症状として 現れますが、上腹部(胃のあたり)や背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みとして感じることもあります。







労作狭心症の初診に適した診療科目

労作狭心症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ