心室性頻拍症シンシツセイヒンパクショウ

心室性頻拍症はどんな病気?
心室性頻拍症とは、心室においてリエントリーまたは異所性刺激が連続して発生し、頻脈を呈する不整脈です。心電図では、幅が広く規則的なQRS波、先行するP波の欠如が特徴的です。症状としては、動悸、息切れ、めまい、失神、意識消失などが見られます。無脈性となったり、心室細動に移行する可能性のある危険な不整脈なので緊急の処置を要します。


心室性頻拍症の症状
心室性頻拍症とは心室性期外収縮が3回以上連続する病気です。この病気の原因は心筋梗塞のような心臓に持病をがあって起こる場合と、心臓にはっきりとした原因がなくても起こる場合の二通りあります。症状の代表的なものは、脈が抜けたり、跳んだりすることです。検査は、定期的に心電図検査をする場合や厳重な検査をする場合など様々です。治療方法は抗不整脈薬の内服や手術などがあります。

心室性頻拍症の原因
心室性頻拍症とは心室性期外収縮が3回以上連続する病気です。この病気の原因は心筋梗塞のような心臓に持病をがあって起こる場合と、心臓にはっきりとした原因がなくても起こる場合の二通りあります。症状の代表的なものは、脈が抜けたり、跳んだりすることです。検査は、定期的に心電図検査をする場合や厳重な検査をする場合など様々です。治療方法は抗不整脈薬の内服や手術などがあります。

心室性頻拍症の検査と診断
心室性頻拍症の原因は、もともとの心臓疾患によって起こるものと、特に心臓疾患が無くても起こるものがあります。この病気を起こす心臓疾患は、心筋症、心筋梗塞、心サルコイドーシス、qt延長症候群などです。心室の筋肉が変性することで、異常な伝導路が形成されて起きます。心臓疾患が無い場合は、特発性と呼ばれ、心臓疾患がある場合に比べると、危険性は低いです。

心室性頻拍症の治療方法
心室性頻拍症とは、心室が小刻みに震えている症状のことで放置すると心室細動になり、死に至る恐ろしい症状のことです。この症状の治療法としては、頻拍を抑える薬剤を投与することで一時的に対処することができます。しかしながらいつおきるか分からず、必ず薬を携帯しているわけではないので、植え込み式の除細動器を心臓に植え込むことが最も効果が高いのです。

心室性頻拍症の初診に適した診療科目

心室性頻拍症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ