サルモネラ感染症サルモネラカンセンショウ

サルモネラ感染症はどんな病気?
サルモネラ感染症は、サルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染症です。

サルモネラ感染症の症状
潜伏期間は、5~72時間(平均12時間)です。例年7~9月の夏季がピークとなります。悪心、嘔吐、腹痛で始まり、その後38℃前後まで発熱し、下痢を繰り返します。これらの症状は3~4日続きますが、1週間以上に及ぶこともあります。小児や高齢者では、菌血症を起こすなど重症化しやすく、回復も遅れる傾向があるので注意が必要です。

サルモネラ感染症の原因
主にサルモネラ・エンテリティディスという細菌が原因となっています。 原因食品として「鶏卵」がよく知られていますが、鶏卵以外にも食肉での感染や、人やペットからの接触感染によって発症することもあります。 

サルモネラ感染症の初診に適した診療科目

サルモネラ感染症の専門外来

サルモネラ感染症の専門医

サルモネラ感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ