急性肺損傷 (ALI)キュウセイハイソンショウ

急性肺損傷 (ALI)はどんな病気?
動脈血液の中に酸素が取り込みにくくなり、急な息切れや呼吸困難などを引き起こす病気です。


急性肺損傷 (ALI)の症状
息が苦しい、咳や痰がでる、呼吸がはやくなる、脈がはやくなるなどの症状が現れます。

急性肺損傷 (ALI)の原因
抗がん剤、抗リウマチ薬、血液製剤などの医薬品によって引き起こされることがあります。

急性肺損傷 (ALI)の初診に適した診療科目

急性肺損傷 (ALI)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ