感染性肺疾患カンセンセイハイシッカン

感染性肺疾患はどんな病気?
細菌、真菌、ウイルス、寄生虫などの微生物などの侵入、感染により起こる肺疾患の病気です。原因となるものにより、更に細かく分類され、細菌なら細菌性肺炎、ウィルスならウィルス性肺炎、結核菌なら肺結核、真菌なら肺真菌症などとと呼びます。


感染性肺疾患の症状
発熱や悪寒、戦慄といった全身症状や、咳嗽、喀痰、胸痛、呼吸困難などの呼吸器症状がでることがあります。

感染性肺疾患の初診に適した診療科目

感染性肺疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ