サコマノ蓄痰法サコマノチクタンホウ

サコマノ蓄痰法はどんな病気?
サコマノ蓄痰法とは痰検査の検査方法です。集細胞法として痰そのものを直接提出する直接塗沫法と数日分の痰を固定液の入った容器にためて提出する方法があり、後者がサコマノ蓄痰法です。肺がん検査でよく用いられる補法です。肺がんは器官上皮から発生して、一部がはがれて痰に含まれますのでエックス線検査では見えにくい肺門部のがんを発見するのに有効です。


サコマノ蓄痰法の症状
サコマノ蓄痰法は、肺がんなど呼吸器疾患にがんの疑いのある症状を持った患者さんに対して行なう、細胞診検査方法の一つです。剥がれ落ちて痰に混じった細胞を検出する方法です。気管支鏡の範囲内で肺がんが見つかった人に対して行ないます。気管支から分泌された喀出痰を、固定液の入った保存容器に3日分ためて提出し分析を行います。分析は熟練の技術者が、顕微鏡観察にて行なうため結果が出るまで時間がかかります。

サコマノ蓄痰法の原因
サコマノ蓄痰法をする原因とは要するに蓄痰です。蓄痰が原因となって病気となり、それをサコマノ蓄痰法で取り除こうとするので、それを実行しているわけです。つまりは、蓄痰がすべての元凶であることには間違いないのです。これは非常に重要なことですからしっかりと覚えておくことです。ちなみにサコマノとは人名であり、治療法を作った人です。

サコマノ蓄痰法の検査と診断
サコマノ蓄痰法とは、3日間分の痰を保存固定液にためてから行う検査方法のことです。主に、肺がんの検診で行われていることが多いです。日本での肺がんによる死亡数は高いのですが、サコマノ蓄痰法などによる早期発見によって、早期治療をすることが可能になりました。肺がんは、早期治療ができれば、約8割の方が治るようになっているといわれています。

サコマノ蓄痰法の治療方法
サコマノ蓄痰法は、主に肺がんの検診で行われているものです。サコマノ蓄痰法によって、肺がんが発見された場合には、早期治療する必要があります。治療法には、抗がん剤治療、放射線治療、レーザー治療など、様々なものがあります。日本での肺がんによる死亡数は高いですが、早期に治療を行うことができれば、約8割の方が治るようになっています。

サコマノ蓄痰法の初診に適した診療科目

サコマノ蓄痰法の専門外来

サコマノ蓄痰法に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ