睾丸捻転症コウガンネンテンショウ

睾丸捻転症はどんな病気?
睾丸捻転症は、睾丸が陰嚢内で回転する病気で、栄養血管や精管が捻じれるため、強い痛みと腫れを伴います。栄養血管に長時間血液が流れないと壊死してしまうので、早急に医師にかかる必要があります。
12歳〜18歳頃の思春期の男子に多くみられ、前触れなく発症します。超音波検査で診断することができ、6時間以内に整復手術を行なわなければ精巣の壊死がはじまり萎縮してしまいます。

睾丸捻転症の症状
睾丸捻転症では、睾丸の大きさが急激に増す思春期の男子に突然の激しい痛みと睾丸の腫れの症状を呈します。発熱は通常ありませんが、腫れがひどくなると発赤します。
痛みは腹部から発しているように感じられ、吐き気と嘔吐を起こすことがあります。
新生児の睾丸捻転症では、疼痛はないのですが赤ちゃんがむずかります。
この病気を放置すると、捻転の結果血管のしめつけが起こっているので血流がなくなり睾丸の壊死を引き起こします。

睾丸捻転症の原因
睾丸捻転症の原因は睾丸にある栄養血管を軸にして睾丸が回転してしまうことで、多くは精巣が生まれつき精嚢に固定されていないために起こります。
通常、精巣は捻れないように精巣の一部が精嚢に付着していますが、その付着がない、もしくは弱いために捻れてしまいます。

睾丸捻転症の検査と診断
睾丸捻転症の検査方法は、臨床所見、超音波検査によるものが一般的です。まず問診を行ったのちに、触診により痛みの場所を調べます。臨床所見後、超音波検査により、精巣やその上部の状態をリアルタイムで調べます。
泌尿器科の専門医の診察であれば、この段階で診断が可能ですが、それでもはっきりしない場合は、超音波カラードプラエコー検査を行います。

睾丸捻転症の治療方法
睾丸捻転症の治療法は、手術によって捻転を解除し、固定します。症状が現れてから6時間以内に手術がされれば、機能の回復が期待できます。
捻れていない方の精巣も捻れやすい形をしているため、予防的に両側の精巣を固定する必要があります。
24時間以上経過すると、睾丸は確実に壊死しますので、睾丸を摘除します。

睾丸捻転症の初診に適した診療科目

睾丸捻転症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ