近位尿細管疾患キンイニョウサイカンシッカン

近位尿細管疾患はどんな病気?
近位尿細管では、ろ過されたアミノ酸やブドウ糖などの体の主成分がほとんど吸収されます。近位尿細管疾患が起こると、アミノ酸やブドウ糖などの物質が尿に大量に出てしまうのです。従って、近位尿細管疾患の病気の特徴として、腎臓や膀胱の付近では痛みなどの自覚症状がないながらも、排出される尿の中に血液や糖などが混入している場合が想定されます。


近位尿細管疾患の症状
近位尿細管は、副甲状腺ホルモンの作用を受けるものがあり、副甲状腺機能低下症と類似の症状が近位尿細管疾患によって、みられることがあります。また、近位尿細菅における再吸収不良によって、アミノ酸尿、腎性糖尿、リン酸尿、近位尿細菅性アシドーシスなど、尿中へブドウ糖や重炭酸イオンなどの種々の物質が漏れ出るなどの症状が出現する場合もあります。

近位尿細管疾患の原因
近位尿細管疾患の主な原因は、腎臓の尿細管と周囲組織に炎症が発生するために起こるものです。この腎臓の機能に影響を与える疾患は、複数の薬剤や特定の成分などによって引き起こされることが多くなります。最も多いこの尿細管疾患の症例は、薬剤に対するアレルギー反応であり、抗生物質や利尿薬などのアレルギー反応がこの疾患を引き起こす事になるのです。

近位尿細管疾患の検査と診断
尿細管疾患の検査方法は、臨床所見と尿検査により行われます。原因不明の代謝的な血漿過酸化水素低値及び血液pH低値と、体内における有機酸の正常値との差により近位尿細管疾患かどうかを診断します。近位尿細管疾患は過酸化水素輸液時の尿pHと、過酸化水素排泄時の静脈内過酸化水素塩濃度の変化を計測することで診断可能です。近位尿細管疾患の場合、尿pHは7.5よりも高くなる特徴を示します。

近位尿細管疾患の治療方法
基本的な近位尿細管疾患の治療法としては、薬物療法が用いられます。この近位尿細管性の疾患では、体内で不足しているナトリウム関連の物質を補充する事が必要で、この体内でのナトリウムの増加で低カリウム血症を起こさないように、別途カリウムを補充する治療を行う事が重要です。この尿細管疾患では、疾患の影響の出ている部位を正確に把握し、症状に応じた治療を行なうことが重要なのです。

近位尿細管疾患の初診に適した診療科目

近位尿細管疾患の専門外来

近位尿細管疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ