胸水細胞疹キョウスイサイボウシン

胸水細胞疹はどんな病気?
胸水細胞疹は、がんの検査に用いられる検査方法です。肺がんなどに罹患すると、病変が胸膜に進展し水が溜まることがあります。胸水中には、がん細胞が溜まっていることが多いため、胸水を採取し細胞診検査を行います。局所麻酔をし肋骨の間から注射針またはポンプを用いて、胸水を採取します。安全性が高く苦痛はありませんが、がん細胞が見つからない場合もあり、繰り返し排液する場合もあります。


胸水細胞疹の症状
胸水細胞疹とは肺がんのみではありませんが病状が発展していくと二つの胸膜の間に水がたまってしまうという症状が出ることがあります。その原因ががんであればたまった水の中に多くのがん細胞が発見されます。その症状が出た場合は胸膜の間にたまった水をぬいてしまいます。胸水があるかないかは横向きなり胸部単純X線で撮影したもので確認します。

胸水細胞疹の原因
胸水細胞疹は胸水の中に浮いている細胞を検査します。胸水とは肺がんなどにより病変が胸膜に進展することで2枚の胸膜の間に水がたまることです。がんなどが原因の場合はその水の上に浮いていることがあるので水をぬいてその細胞を正常な細胞と比較して検査します。これを行うのは胸水の中にがん細胞がないこともあるのでそれを検査するために胸水細胞診を行います。

胸水細胞疹の検査と診断
細胞疹とは臓器に悪性細胞がないかどうか調べる検査方法のひとつであり、腫瘍が発見された時に良性か悪性かを判断する決め手となります。胸水細胞疹は肺がんなどを調べる検査方法であり、胸水を注射器などで抜き細胞疹検査室で調べます。胸水の有無は胸部単純X線写真や横向きになって寝そべって撮る胸部単純正面X線写真、CT、超音波などで確認することが出来ます。

胸水細胞疹の治療方法
胸水細胞疹の主な治療法は、基本疾患の有無で異なります。この治療では、胸水の溜まっている位置の皮膚に麻酔をし、注射器などを使用して溜まった水分を除去します。この治療は胸水の中にがん細胞がないことを確認する事が必要です。又、この治療法は複数回繰り返して行う事が必要で、この胸水の成分を確認することも重要な治療の一環となっています。

胸水細胞疹の初診に適した診療科目

胸水細胞疹の専門外来

胸水細胞疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ