機能的腸閉塞キノウテキチョウヘイソク

機能的腸閉塞はどんな病気?
機能的腸閉塞とは、腸管の運動に障害が生じたものでいくつかの腸閉塞の種類の一つになります。この機能的腸閉塞には、尿管結石や腹部打撲などの腹痛を伴う麻痺性と鉛中毒などに伴う痙攣性と言ったタイプがあります。機能的腸閉塞は、腸管全体が拡張をするようになり、それにより腸管の内圧が上昇して腸管壁に浮腫ができたりさらには血流障害により腸管壁に穴が開いたり壊死したりしてしまいます。


機能的腸閉塞の症状
機能的腸閉塞の症状は、お腹がはってゴロゴロする、腹痛、何日も便やおならが出ないなどがあります。また、それによって、吐き気や嘔吐などの症状も生じますが、閉塞している部分によって、吐いたものの状態が異なります。しかしながら、機能性腸閉塞の一つである、麻痺性腸閉塞などの場合、腹痛・発熱を認めていないことが多いです。急激に全身症状が悪化し、脱水、ショック、意識障害などを呈し重篤化することもあります。

機能的腸閉塞の原因
腸閉塞は器質的腸閉塞と機能的腸閉塞に大きく分ける事が出来ます。機能的腸閉塞とは開腹手術や腸管の炎症又は異物の誤嚥等により腸管内腔の狭窄や閉塞を起こす器質的腸閉塞に対して、腸管に於いて器質的な原因が無く、腸管を支配する神経の障害によって蠕動運動が障害され食物などの腸管内容物が腸管内に貯留するという原因によって発生します。

機能的腸閉塞の検査と診断
機能的腸閉塞の検査方法は、まず問診によって、過去の手術歴を確認する事から始まります。手術経験があった場合は、さらにその手術内容や時期を詳しく問診します。その内容や現在の症状によっては、問診段階である程度診断する事が出来ます。問診の後は、X線検査、CT及びMRIスキャンによる画像検査、血液検査等を総合的に行い、診断を確定させます。

機能的腸閉塞の治療方法
機能的腸閉塞の治療法として、専門の病院でしっかりと機能的腸閉塞の状況を確認して、医師と治療法に関して相談をすることが大切です。胃の専用の管などを鼻から腸管のふさがっている部分まで挿入します。詰まっている内容物をくみ上げる事でむくみやふさがりを解消します。その他に保存的療法が存在しますが、治らない場合は手術療法で治療します。

機能的腸閉塞の初診に適した診療科目

機能的腸閉塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ