感染性ニューロパチーカンセンセイニューロパチー

感染性ニューロパチーはどんな病気?
感染性ニューロパチーとは細菌に感染したことが原因となり、末端神経障害を引き起こす病気のことです。主な症例として、ジフテリア・ボツリヌス菌への感染や、ヘルペスへの感染により帯状疱疹を発症するほか、マイコプラズマ菌への感染があります。感染性ニューロパチーは日頃から睡眠と栄養をしっかり摂取することで感染を防ぐことができます。特にビタミン類の摂取は大切です。

感染性ニューロパチーの症状
ニューロパチーとは、末梢神経の正常な伝達が傷害される病気のことを指します。傷害される神経は、運動神経、自律神経、感覚神経で、傷害される部位は軸索や髄鞘などです。傷害される部位により、単神経炎、多発性単神経炎などの症状を引き起こします。感染によるニューロパチーである、感染性ニューロパチーとして代表的なものは、ハンセン病やジフテリアなどの病気です。

感染性ニューロパチーの原因
感染性ニューロパチーは、主に風邪や下痢が治った後に引き起こされる病気です。本来病原体が体の中に現れたら、免疫細胞がそれを攻撃します。しかし、風邪や下痢が治った後に分泌される成分が、病原体に非常によく似た性質を持っているため、免疫細胞が間違って攻撃をしてしまうのです。それが原因で、感染性ニューロパチーが生じてしまうのです。

感染性ニューロパチーの検査と診断
感染性ニューロパチーの検査方法は、電気診断もしくは臨床検査が一般的です。臨床時の所見の結果を別とし、神経障害の型を確認するため、筋電図審査及び、神経伝達速度の検査が必須です。臨床検査では、CBC、腎機能検査、電解質、空腹時血糖、甲状腺刺激ホルモンなどの測定を行います。他の検査の必要性は、ニューロバチーの型によって判断します。

感染性ニューロパチーの治療方法
感染性ニューロパチーの基本となる治療法は症状に応じて異なります。基本的な治療法としては、ステロイドでの治療、免疫を強化する方法があり、悪性腫瘍に対しては放射線を用いた治療や外科的な手術、その他の方法として化学療法なども用いられています。そして、糖尿病が原因となるものでは、血糖を正常な値にコントロールすることが基本的な治療となります。

感染性ニューロパチーの初診に適した診療科目

感染性ニューロパチーの専門外来

関連部位から他の病名を探す

感染性ニューロパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ