ムチランス型関節炎ムチランスガタカンセツエン

ムチランス型関節炎はどんな病気?
ムチランス型関節炎とは、慢性的な関節リウマチによって骨や関節が破壊されてしまい、それによって骨と骨の間が離れてしまう状態になることをいいます。ムチランス型は別名「離断型」とも呼ばれていて、第2関節によく症状が現れます。関節を動かすことはできるのですが、ぶらぶらな状態なので支持力がなく、日常性格に支障をきたす場合もあります。


ムチランス型関節炎の症状
ムチランス型関節炎は、急激に症状が進行していく疾患です。特に第2関節によく見られますが、関節リウマチによって関節や骨が破壊され、骨と骨の間が破壊されてしまうため、他のリウマチと違いブラブラとした状態になります。関節を動かせるようにはなりますが、支持力のない状態のため、日常生活に支障をきたします。また、ムンチラス型の症状がみられるとともに、指の骨端が短くなるオペラグラス変形という症状が現れます。

ムチランス型関節炎の原因
ムチランス型関節炎の原因は、慢性的な関節リュウマチが悪化することによって関節や骨が壊れてしまい骨同士が離れてしまうことです。慢性関節リュウマチの主な原因は、詳しく分かっていませんが細菌やウイルスが身体に侵入したときに働く抗体が誤作動することにより起きると言われています。また、喫煙や炭酸飲料を大量に飲むことも原因と言われています。

ムチランス型関節炎の検査と診断
ムチランス型関節炎の検査方法は、臨床所見及びレントゲン撮影による映像検査が一般的です。初期には関節部の炎症と壊死が進行していないため、レントゲン撮影による映像検査では診断できない事があります。ですが、進行が進むに従い、関節部の不規則陰影が明らかになり診断も容易となります。場合によってはレントゲン撮影だけでなく、CTスキャンやMRI検査なども用いて診断を確定させます。

ムチランス型関節炎の治療方法
ムチランス型関節炎の治療法は多岐に渡ります。この疾患の治療では関節の炎症を緩和し、免疫に対する異常を薬を用いて和らげ、関節の正常な機能をできるだけ維持できるようにします。又、疾患による関節の変形を食い止め、日常的な活動に支障を来す場合は手術を行い、その機能を回復させる事も重要になるのです。この治療のタイミングは個々の患者様の症状により異なってきます。

ムチランス型関節炎の初診に適した診療科目

ムチランス型関節炎の専門外来

ムチランス型関節炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ