薬剤性ミオパチーヤクザイセイミオパチー

薬剤性ミオパチーはどんな病気?
薬剤性ミオパチーは名称通り何かしらの薬剤を使用したために引き起こされるミオパチー、つまり筋肉疾患のことで、低カリウム血性周期性四肢や、筋力低下をおこすものなどが見られます。低カリウム血性周期性四肢の場合は甘草や利尿薬そして下剤があり、筋力低下は炎症を抑える治療薬で有名な副腎皮質ホルモンなどがあります。これらの薬の使用をやめることで治ります。


薬剤性ミオパチーの症状
薬剤性ミオパチーとは薬剤によって引き起こされるもので、症状は外見にも見られますが、自覚症状もあります。外見では、筋肉が痩せてくるという特徴を持ち、感覚では筋肉に力が入らないというものになります。薬剤が原因で起こる病気になりますので、筋肉を鍛える運動をしても筋肉が発達せずに、どんどん衰えていくという特徴を持つ病気になります。

薬剤性ミオパチーの原因
薬剤性ミオパチーは、ミオパチー(筋肉疾患)を誘発する薬剤を使用したために引き起こされる病気で、原因となる薬は多岐に渡ります。主な薬としては、コレステロール低下薬、利尿薬、下剤、甘草を含有する漢方製剤、副腎皮質ホルモン、全身麻酔薬、向精神薬などが挙げられます。また、アルコールの摂取が原因となって引き起こされることもあります。

薬剤性ミオパチーの検査と診断
ミオパチーとは筋疾患の意味であり、筋力がなくなり痩せてくるなどの症状があります。薬剤性ミオパチーとは薬剤によって起こるミオパチーであり、筋肉に障害を起こさせる薬剤であり、有名なものにコレステロール降下薬などがあります。検査方法については骨格筋の検査には血液検査、電気生理学的な検査、画像検査、病理検査など様々な検査があります。

薬剤性ミオパチーの治療方法
薬剤性ミオパチーの基本となる治療法は、症状を見ながらの適切な手法が必要になります。この疾患は特定の薬剤によって発症するミオパチーで、幾つかの薬が影響を与える為に、薬物療法では注意が必要になります。この疾患では遺伝子を導入する治療が採用されており、正常な遺伝子を筋肉に注射する方法や、ウイルスを介在させ誘導する方法がこの疾患に活用されています。

薬剤性ミオパチーの初診に適した診療科目

薬剤性ミオパチーの専門外来

関連部位から他の病名を探す

薬剤性ミオパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ