他覚的耳鳴タカクテキミミナリ

他覚的耳鳴はどんな病気?
自分だけに聞える自覚的耳鳴りに対し、他人にも聞える耳鳴りを他覚的耳鳴といいます。実際にマイクや聴診器等を耳に入れると、患者と同じ音を聞くことが出来ます。一定の間隔で聞える間欠的な物と途切れることなく続く持続的な物がありますが、原因は筋肉の痙攣によるものと血管の異常によるものがあるので適切な検査による医師の診断と治療が必要です。


他覚的耳鳴の症状
みなさんも一度は「耳鳴」というものを経験したことがあるのではないでしょうか。一般的な耳鳴は、「自覚的耳鳴」と言って、自分にしか聞こえないものですが、これに対して「他覚的耳鳴」は、第3者にも耳鳴音が聞こえるという症状のものです。他覚的耳鳴の音は、2種類に分類されます。一定の間を置いたリズムを刻む間欠的耳鳴音と、と切れのない持続的な耳鳴音です。

他覚的耳鳴の原因
他覚的耳鳴の原因として、脳動脈瘤や動静脈瘻又は心臓弁膜症等の血流異常に伴って発生するものや、喉や耳の周囲の筋肉が痙攣をおこす事に伴って発生するもの等が有ります。また他覚的耳鳴の音は間欠的なものと持続的なものが有り、間欠的なものは耳周囲の筋肉や耳小骨上部の筋肉の痙攣に伴い、持続的なものは耳周囲の血管に流れる血流によります。

他覚的耳鳴の検査と診断
他覚的耳鳴の主な検査方法は、耳の聞こえ方が正常か、耳の内部が損傷していないかを判断する事が必要です。そのため、検査では音を発する装置が耳の内部に挿入され、特定の信号に反応するかが測定されます。又、脳幹の電気反応を観察する聴力検査もあり、脳での問題の可能性がある場合、頭部への電極を通じて聴覚神経の電気信号を測定し、その結果から脳への疾患の可能性を判断します。

他覚的耳鳴の治療方法
耳鳴りの音が自分以外の他人にも聞こえる「他覚的耳鳴」には、いくつかの原因が考えられます。したがって、その治療法を行う際には、まず他覚的耳鳴を引き起こしている原因を突き止めることが必要なので、耳の中にセンサーを入れて音源を特定することから始めます。原因が明確になれば、それに合った治療法を施してもらうので、感知しやすいです。

他覚的耳鳴の初診に適した診療科目

他覚的耳鳴の専門外来

関連部位から他の病名を探す

他覚的耳鳴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ