慢性脳循環不全マンセイノウジュンカンフゼン

慢性脳循環不全はどんな病気?
慢性脳循環不全とは脳血管内の動脈硬化が引き起こす、脳への血流障害が起こる病です。原因としては、年齢とともに脳の動脈も退化し、コレステロールや血管の硬化により、血管の内壁に脂肪がたまり、血管内に脂肪がたまってしまうことです。具体的にあらわれるのが、耳鳴り、頭痛、めまい、手足のしびれなどです。また、記憶力の低下や物忘れがひどくなるなどの症状があります。


慢性脳循環不全の症状
慢性脳循環不全の症状は、耳鳴り、のぼせ、めまい、頭痛、頭重、手足のしびれ、脱力感、記憶力低下など脳の機能低下にともなう体調不良が多くなっています。また、そのほかの脳への血流障害の病気や、似たような原因からくる症状の中でも脳卒中発作に見られるような手足のまひやはっきりとした言語障害などの神経症状は見られないのが特徴です。

慢性脳循環不全の原因
慢性脳循環不全は、脳血管の動脈硬化が原因で脳への血流に障害が起こる病気です。加齢にともなう血管の硬化や、血管にコレステロールが沈着することによって血管が狭くなり、血流障害が起こります。血管の内壁に脂肪がたまることで血管壁が退行変性し、動脈硬化の原因となります。また、高脂血症や高血圧なども動脈硬化を起こす要因として挙げられます。

慢性脳循環不全の検査と診断
慢性脳循環不全の検査方法は色々あるのですが、脳ドックなどを利用するとしっかりとした検査を受ける事が出来ます。具体的な方法としては、CTやMRIを使い、脳の血流などに以上がないかを調べます。脳循環不全というのは、脳の血流が悪くなり起こる場合が置いので、こうした検査によって判別する事が可能です。また、この検査方法により、他の病も発見出来る事があります。

慢性脳循環不全の治療方法
慢性脳循環不全の主な治療法は薬物による治療が行われます。この疾患では記憶力の著しい低下などの症状がある為に、治療では脳の血流を改善させる事を目的とした薬剤が必要です。又、脳の機能を継続的に活性化させるため、脳の代謝を促進させる効果のある薬剤も投与されます。又、この疾患が原因となり精神面への影響がでるケースもあるために、向精神剤を活用しての治療もあります。

慢性脳循環不全の初診に適した診療科目

慢性脳循環不全の専門外来

慢性脳循環不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ