腎性急性腎不全ジンセイキュウセイジンフゼン

腎性急性腎不全はどんな病気?
腎性急性腎不全は、他の要因としての病気が原因で急に腎臓の働きが低下する病気です。症状として、突然に尿が全く出なくなる事です。腎臓に血液が流れにくくなった状態で起こって、血液が下がる時に腎性急性腎不全と診断されます。また、腎臓の細胞自体に障害が起こったり、急性の腎炎や病原菌の要素によった要因であったり、尿管の閉塞によって引き起こされます。


腎性急性腎不全の症状
腎性急性腎不全の症状はとつぜん尿が出にくくなったり、尿量が少なくなります。また尿量がいつもと変わらなくても、身体の外に出るはずの老廃物や塩分が尿にうまく排泄されなくなってしまいます。そうなると老廃物が身体全体に回ってしまうため、浮腫みがでできたり、食欲が急に落ちてきたりします。また腎性急性腎不全の顕著な症状として、全身の倦怠感がひどくなります。

腎性急性腎不全の原因
腎性急性腎不全の主な原因は多種多様ですが、その中でも急性の腎炎や溶血性の尿毒症などは代表的なものとなっています。又、大腸菌による感染が引きがねとなり発症する事もあり、によることが多く、これらがこの疾患の主用な要因となっているのです。又、抗生物質などの薬が引き起こすにアレルギー症状が起因となることもあり、この疾患には多くの要因があります。

腎性急性腎不全の検査と診断
腎性急性腎不全の基本となる検査方法は血液検査になります。この腎不全の診断は、血液検査での特定のの値の検出や異常な状態で判明します。又、この疾患の原因を詳しく確認するためには、基本となる血液検査に加え、尿検査や超音波での検査、レントゲン画像の解析、CTを用いた検査なども組み合わせ、総合的な腎不全の検査を行う事が必要になります。

腎性急性腎不全の治療方法
腎性急性腎不全の治療法は、水・電解質補正や栄養管理などの保存的治療を行いながら腎機能の回復を待つのが基本です。水・電解質補正はアシドーシスの補正と高カリウム血症の補正が中心です。食事制限は乏尿期と利尿期で水制限、塩分制限の厳しさが異なります。蛋白は低く、カロリーは高くするのが基本です。食事、薬物療法で改善が見られない場合は透析療法を開始します。

腎性急性腎不全の初診に適した診療科目

腎性急性腎不全の専門外来

腎性急性腎不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ