鵞足炎ガソクエン

鵞足炎はどんな病気?

足炎は野球、サッカーなどによく見られるスポーツ障害で、膝の内側の腱が集中する場所に炎症が起きる症状です。主な原因は膝の使い過ぎです。筋肉が疲労により弾力性を失うと、腱もぴんと張った状態になり、この状態で屈伸運動を繰り返すと摩擦が生じて炎症が波及してしまうのです。
防止するためにはストレッチやマッサージなどが有効です。



鵞足炎の症状

鵞足炎は走ったり、キックしたりなどの動作の時に膝下の内側の部分に痛みが生じます。
通常は運動後に発症することが多く、徐々に進行して歩行や階段昇降に伴っての痛みが現れます。
サッカーや水泳などのスポーツをする人に生じやすく、新学期や大会前の練習量が増える時期などに多くみられるようです。



鵞足炎の原因

鵞足炎は、鵞足が脛骨上端と擦れて炎症を起こすために生じます。膝の曲げ伸ばしや膝の内側に負担がかかる動きを繰り返すことで発症します。スポーツなどで膝を使いすぎたり、ウォーミングアップ不足、運動フォームがよくなかったりすることなどがが原因となります。
特に膝が内側に入るニーインと呼ばれる姿勢は、より膝にストレスがかかりやすいので注意が必要です。



鵞足炎の検査と診断

診断は症状から判断します。鵞足部の自発痛と、膝関節屈伸に伴っての運動痛などの症状のほか、同部位の圧痛が確認できると鵞足炎と診断されます。超音波を用いると炎症の状態などがよりわかります。
同じような部位でも骨や靭帯などに損傷の疑いのある場合はレントゲンや
MRI検査などを行うこともあります。



鵞足炎の治療方法

足炎の治療法は、痛みや症状によって異なりますが、主に痛みを緩和するストレッチ、鍼灸治療、マッサージ、ホットパック・アイシング、保存療法、外科的治療などといったことを行っていきます。
すぐに再発するため安静期間を設けるが必要になる場合が多いです。
自分自身の痛みや症状と整形外科医や専門家の判断によって、上記の中から適切な治療法を組み合わせて、治療計画を立てていくことになります。

鵞足炎の初診に適した診療科目

鵞足炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

鵞足炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ