鵞足炎ガソクエン

鵞足炎はどんな病気?
?足炎は野球、サッカーなどによく見られるスポーツ障害で、膝の内側の腱が集中する場所に炎症が起きる症状です。主な原因は膝の使い過ぎです。筋肉が疲労により弾力性を失うと、腱もぴんと張った状態になり、この状態で屈伸運動を繰り返すと摩擦が生じて炎症が波及してしまうのです。防止するためにはストレッチやマッサージ、対処法は鍼灸や湿布などによります。


鵞足炎の症状
鵞足炎とは脛骨内側の、縫工筋・薄筋・半腱半膜様筋の付着部で、腱や滑液包が炎症を起こし、疼痛を引き起こす症状です。膝関節伸展時のオーバーユースや打撲などの外傷により、腱の間の結合が緩むことで起こります。診断は腱の付着部を押圧すると、痛みや骨の隆起を触知できます。治療は、安静を心がけ、消炎鎮痛を目的とした鍼灸治療が効果的です。

鵞足炎の原因
?足炎の原因となる要素は、様々あります。そもそも、これは足の鵞足部分が炎症を起こし痛みを感じる症状の事です。膝の投げ伸ばしなどで、骨や腱などが擦れあい炎症を起こすので、運動などで良く足を曲げ伸ばしするといった場合に起こりやすい病です。この原因となる動きですが、ランニングをする際やサッカーなどスポーツを行う時に、急な方向転換などを行うと負荷が掛かりやすので注意が必要です。

鵞足炎の検査と診断
?足炎の検査には、医師による患部の痛みや動作範囲の確認と言った機器を使わない原始的な方法が用いられます。関節の痛みや運動障害の検査方法によく用いられるレントゲンによる検査では、?足炎の症状は確認することができません。実際に?足炎が疑われる膝の関節にどの程度負荷をかければどの程度の痛みが生じるのかがこの検査のポイントとなります。

鵞足炎の治療方法
?足炎の治療法としては、痛みや症状に応じて変化しますが、主に痛みを緩和するストレッチ、鍼灸治療、マッサージ、ホットパック・アイシング、保存療法、外科的治療などといったことを行っていきます。自分自身の痛みや症状と整形外科医や専門家の判断によって、上記の中から適切な治療法を組み合わせて、治療計画を立てていくことになります。

関連部位から他の病名を探す

鵞足炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ