活動期潰瘍カツドウキカイヨウ

活動期潰瘍はどんな病気?
活動期潰瘍とは消化器系の疾患の状態を示していて、腫瘍が炎症を起こし始めて自覚症状があることを活動期と呼び、炎症が治まって症状がなくなる時期を寛解期と呼びます。症状や炎症の強さによって投薬の種類や方法を変えることで対応します。慢性疾患とされ一度発症すると症状が治まっても再発する可能性が大きくなります。症状が重い場合は入院してステロイドを投与することで対処しています。


活動期潰瘍の症状
腫瘍はその進行度によって症状が違うので、進行度によっては治療の方法も異なってきます。活動期潰瘍とはできたばかりの時期の腫瘍を指します。活動期のうちの急性期の症状は、潰瘍の周囲が腫れ、潰瘍部位に激しいでこぼこができます。この急性期を過ぎた活動期の症状では、前者と比べて腫れが軽くなり、潰瘍部位に白苔という白っぽいものが付着します。

活動期潰瘍の原因
活動期潰瘍の原因は基本的に、胃液の分泌する酸と消化酵素から胃を守るための機構とのバランスが崩れると症状が現れます。ですので、不衛生な生活をしたり、偏った食事ばかりを取り続けることが一番の原因と言えます。さらに、健康週間が原因なので再発しやすい病気でもあるので一度なってしまったらきちんと自分の生活を見直して改める必要があります。

活動期潰瘍の検査と診断
活動期潰瘍の検査方法はX線検査、内視鏡検査、血液検査、便検査などがあります。血液検査では貧血の有無を調べ、便検査とともに潰瘍による出血の有無を判断します。X線検査では粘膜表面のひだなどから潰瘍の場所、大きさ、深さがわかります。内視鏡検査では潰瘍を直接観察してその種類や進行具合を調べ、同時に細胞観察のために組織の一部をとる生検も行います。

活動期潰瘍の治療方法
活動期潰瘍は2~3週間続き、その間ストレスの原因となる仕事を休むなどして心身を安静にし、規則正しい生活をすることが第一です。食事は胃液の分泌を盛んにしない豆腐、白身魚などを食べ、長時間の空腹も避けます。薬物治療法ではH2ブロッカーなどの胃液の分泌を抑える薬や胃の防御機能を助ける薬を内服します。薬が開発されて以降、手術はほとんどありません。

活動期潰瘍の初診に適した診療科目

活動期潰瘍の専門外来

活動期潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ