肝良性腫瘍ギモリョウセイシュヨウ

肝良性腫瘍はどんな病気?
肝良性腫瘍は肝臓に針を刺して組織を採取し診断をします。肝良性腫瘍は多くが無症状ですが、腫瘍が大きいと腹部の痛みや張りを感じたり、発熱したり、隣接している胃や十二指腸の臓器を圧迫するために食が細くなったりします。がんに発展しそうなものや、症状のあるものは治療が必要です。無症状のものは数ヶ月間隔で病気の変化を見て行きます。


肝良性腫瘍の症状
肝良性腫瘍とは腫瘍の一種であり、エコーで肝臓に張りを指したときに大きな腫瘤があった時などが該当します。症状としては食欲が減退したり腹部に痛みや張りを感じたり発熱を伴う場合が多いです。妊娠中の母体内で何らかの異常が現れる場合が多いですが、経口避妊薬や寄生虫が原因になる可能性もあります。癌に発展しそうな場合は治療が必須です。

肝良性腫瘍の原因
肝臓にできる肝良性腫瘍の原因はアルコールの多飲と肝炎ウイルスによるものが殆どなのです。そのため常にアルコールの飲酒には節度を保っておこなうことが必要なのです。また健康診断などでは必ず肝炎ウイルスの検査も受けることが必要なのです。もし肝炎ウイルス検査で陽性結果が出た場合にはすぐに肝炎ウイルスの治療を始めれば肝臓の腫瘍は防げるのです。

肝良性腫瘍の検査と診断
肝良性腫瘍の検査方法は、一般的に画像診断で行われます。近年画像診断が発達してきたため発見が用意となった疾患で、場合によってはエコーで見ながら肝臓に針を刺し、組織を採取することで診断することもあります。多くが無症状で、大きい腫瘤を触れたり、腹部の痛みや張りを感じ、熱が出たり胃や十二指腸など隣り合わせている臓器を圧迫するため、食が進まなくなります。

肝良性腫瘍の治療方法
肝良性腫瘍の基本的な治療法は、がんに発展しそうなものは手術での摘出の必要があります。この疾患では出血があり、破裂する可能性がある場合は、細胞の切除を用いて治療を行います。又、肝動脈を塞栓させる治療法や、放射線を照射する治療、特殊な薬剤を注入する治療など、この疾患では肝細胞のがんの進行の度合いにより、異なる治療が行なわれます。

肝良性腫瘍の初診に適した診療科目

肝良性腫瘍の専門外来

肝良性腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ