過吹田腺腫スギスイタセンシュ

過吹田腺腫はどんな病気?
過吹田腺腫はおそらく下垂体腺腫のことです。両目の奥に位置している脳下垂体にできる脳腫瘍の一種です。組織学的には良性で他の部位に転移することはまれですし外科手術をすることはまれです。脳下垂体は各種ホルモンを分泌している場所なので、発汗を促進し眼球突出などの症状が出ます。治療としては外科手術、放射線治療、化学療法を組み合わせています。


過吹田腺腫の症状
過吹田腺腫(正しくは下垂体腺腫)の症状としては、腺腫による各ホルモンの過剰分泌によって無月経、乳汁分泌、男性の場合勃起不全や性欲減退(以上プロラクチン型)末端肥大症、思春期の場合巨人症(以上成長ホルモン型)肥満、ムーンフェイス、体毛増加(以上副腎皮質刺激ホルモン型)などが挙げられます。また腺腫自体による圧迫症状によって、頭痛や視野の狭窄、疲労感、月経異常、男性の体毛減少などが見られる事があります。

過吹田腺腫の原因
過吹田腺腫という病ですが、原因などがまだそれほどはっきりとしていない病です。現在分かっている事は、普段の食生活といった、身近な所に原因はないのではないかと言われています。そして、遺伝的要素がないという事がはっきりしています。可能性が高い原因としては、妊娠や避妊の際に使われている薬などが影響を与えているという事がわかってきています。

過吹田腺腫の検査と診断
過吹田腺腫の検査方法は、X線検査と、内視鏡検査によって行われます。バリウムを飲用することによるX線検査によって、胃の隆起生病変の疑いを発見したのち、内視鏡検査を行います。内視鏡検査時に一部組織を採取し、病理学的な診断を行う事で、がん、粘膜下腫瘍、肉腫、過吹田腺腫もしくは胃過形成性ポリープかどうかを鑑別し、診断を確定させます。

過吹田腺腫の治療方法
過吹田腺腫のおもな治療法は外科療法と放射線療法に分かれます。脳下垂体に腫瘍ができる病気で開頭手術が必要になるため患者の年齢や体力などを考慮して慎重に治療法を選択していく必要があります。手術が無理な場合は放射線療法や薬による化学療法を行っていきます。放射線療法や化学療法は副作用があるためこちらも患者の状態を見極めながら判断する必要があります。

過吹田腺腫の初診に適した診療科目

過吹田腺腫の専門外来

過吹田腺腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ