外耳道真殊腫ガイジドウシンコトシュ

外耳道真殊腫はどんな病気?
外耳道真殊腫という病気は40歳以上の方耳にに多く見られる病気で、角化して剥がれた表皮が外耳道内に堆積してしまき、外耳道・鼓膜の形に変化が起きる病気です。外耳道真殊腫の症状としましては、耳漏や耳の痛みが良く起き、外耳道の下や後ろ側に糜爛や骨膜炎が起きることもあります。ただし、角化によって外耳道の栓塞や難聴などの症状は起きません。


外耳道真殊腫の症状
外耳道真殊腫の症状は、鋭い慢性の耳の痛みや耳漏です。悪臭のする耳漏が出てくる場合もあります。耳垢が異常に増えるため、耳の圧迫感や閉塞感を感じます。鼓膜には異常が見られない場合が多いですが、骨の破壊が進行すると、開口障害、顔面神経麻痺、内耳炎といった病気に移行し、めまいや音が聞き取りにくくなる症状も出ます。片方の耳だけに起こることが多いです。

外耳道真殊腫の原因
外耳道真殊腫とは外耳道に耳垢を異常に溜めた真珠腫が原因で起こる耳の器官や骨を破壊する病気です。痛みや耳垂れを伴いますが鼓膜は正常なことが多く難聴などの症状はありません。進行すると難聴やめまいの原因になるため早めの耳鼻科の受診し、外耳道真殊腫の除去が望ましいです。処置用顕微鏡での容易な判断が可能で、定期的に除去することが大事です。

外耳道真殊腫の検査と診断
基本的な外耳道真殊腫の検査方法としては、複数の手法があります。この疾患の疑いがある場合は、検査機器で外耳道の深い場所の拡大をする事が必要で、堆積された物質を観察事が効果的です。又、この部位を顕微鏡で観察するために、中耳内視鏡などが用いられ詳細な情報が収集されます。そして、骨の破壊の程度を把握するために、CTを用いた検査で耳内部の詳細な状態を確認します。

外耳道真殊腫の治療方法
外耳道真殊腫が認められた場合の治療法は、軽症の場合には、骨部外耳道に溜まった表皮角化物を除去します。感染した肉芽腫も取り除き、抗生剤やステロイド軟こうの塗布をします。また、骨が壊死を起こし、骨の破壊が進行している場合には、手術が必要です。この病気の場合は、耳の中の自浄作用が落ちているために、数か月に1回の定期的な診察ときれいに掃除をしてもらうことが必要になります。

外耳道真殊腫の初診に適した診療科目

外耳道真殊腫の専門外来

外耳道真殊腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ