胸郭出口症候群キョウカクデグチショウコウグン

胸郭出口症候群はどんな病気?
胸郭出口症候群とは、神経と血管などの通ってる道がさまざまな要因で圧迫されてしまいいろいろな症状がでてきてしまうことをいいます。症状としてはおもに腕の怠さやシビレ感が発生していくものになっていきます。また血行障害がおきやすくなってしまいますのでてのひらなどが白くなってしまいます。腕を上げる動作などがとてもきつくなります。


胸郭出口症候群の症状
胸郭出口症候群になるとまず手指や腕のしびれ、指先が冷たく感じる、逆に腫れぼったく感じる、肩がだるくなるなどの症状が出ます。徐々に首や肩に痛みが現れ、肩を上げて後ろに反らしたり首を反対側に傾けて後ろへ反らす運動をするとしびれや痛みが強くなります。顔面が痺れる感じがしたり、頭痛や吐き気、目がかすむなどの異常を訴える人もいます。

胸郭出口症候群の原因
鎖骨と一番上の肋骨、および斜角筋がつくる隙間のことを胸郭出口といいます。この部分には血管や神経が多く通っており、それらが圧迫されて血流が悪くなってしまうのが胸郭出口症候群の原因となっています。特に首の付け根や鎖骨付近には血管や神経が多く、長時間同じ姿勢を続けたり同じ動作を繰り返すことが続くと胸郭出口の血管や神経が圧迫されやすくなってしまうのです。

胸郭出口症候群の検査と診断
胸郭出口症候群の検査方法には、誘発テストがあります。鎖骨の上を指で圧迫し痛みやしびれを誘発するモーレイテスト。肩をあげて後ろへそらせると手首で動脈が触れなくなるライトテスト。首を反対側へ倒してそらせると手首の動脈が触れなくなるアドソンテストなどがあります。レントゲン撮影、MRI撮影、血管造影検査などの画像診断を行います。

胸郭出口症候群の治療方法
胸郭出口症候群の治療法には、温熱治療・温熱療法、体操・運動療法、頚椎牽引法や神経ブロック注射、加えて手術などの方法があります。温熱治療・温熱療法は整形外科や整骨院で行われる療法です。血行促進により凝り固まった筋肉をほぐすことを目的としており、根治のための治療ではないことに注意したいです。頚椎牽引法は機械で首を引っ張る療法です。

胸郭出口症候群の初診に適した診療科目

胸郭出口症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ