転移性脊髄腫瘍テンイセイセキズイシュヨウ

転移性脊髄腫瘍はどんな病気?
転移性脊髄腫瘍とは体の他の臓器でできた悪性腫瘍が脊椎に転移してできた腫瘍で主に脊椎を圧迫させながら大きくなります。神経を圧迫していくため背骨に激痛があり発見されることがあります。腫瘍が進行していくと神経圧迫により手足の痺れや麻痺などが発生します。痛み軽減の手術を行い腫瘍を摘出します場合がありますが転移性の為、姑息的療法となります。


転移性脊髄腫瘍の症状
転移性脊髄腫瘍の症状は腫瘍が存在する部位で決まります。限局する痛みや神経支配領域に沿った放散痛が起こります。そのため、頸椎に腫瘍ができた場合は上肢症状が起こり、腰椎に腫瘍ができた場合は下肢症状を伴うことがあります。初期には疼痛が起こり、どの部位にも起こる可能性があります。また、腫瘍が大きくなると運動麻痺や排尿障害を引き起こすことがあります。

転移性脊髄腫瘍の原因
脊髄そのものに発症する脊髄腫瘍はまれで、転移性脊髄腫瘍は他の部位に発生したがんが血流によって脊髄に転移してくるのが原因です。乳がん、前立腺がん、肺がん患者において転移が多く、グリオーマなどの脳腫瘍が脊髄腔内への播腫して転移することもあります。多くが脊髄神経根に発生する神経鞘腫(神経にできるため痛みを伴うが良性腫瘍)です。

転移性脊髄腫瘍の検査と診断
基本的な転移性脊髄腫瘍の検査方法は自覚症状を分析し、レントゲン検査で詳細を確認していく事が一般的です。その後、MRI検査を組合わせ、より詳しい病状を確認します。この転移性脊髄腫瘍の検査ではドクターによる問診で、自覚症状である継続性の痛みや夜間の痛みなどが重視され、転移のもとのがん細胞を見つけるために、各種の画像分析による検査が重要になります。

転移性脊髄腫瘍の治療方法
転移性脊髄腫瘍の手術による治療法は、大きく分けて二種類あります。この転移性脊髄腫瘍の手術では、腫瘍を残し壊れた脊髄の柱を支えにして安定化させる手術方法があります。この手術には金属製の特別なネジなど人工的な部品を使用した固定法が多く用いられることになります。又、別の手術法は、脊髄の柱を立てて安定化させることに加え、脊髄の腫瘍を完全に取ってしまう手術方法です。

転移性脊髄腫瘍の初診に適した診療科目

転移性脊髄腫瘍の専門外来

転移性脊髄腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ