再燃がんサイネンガン

再燃がんはどんな病気?
治療でいったん低下したPSA値が、再び上昇して他臓器に転移が認められた場合を、再発がんといいます。最初から進行がんと診断され、内分泌療法を中心に治療をして、いったん低下したPSAが再び上昇した場合を再燃がんといいます。この二つのがんの治療法は、まだ定まっていません。再発や再燃をしたら、根治治療は難しく、生存率もかなり低くなります。


再燃がんの症状
前立腺や乳ガンに多い再燃がんの症状は、手術で取り残してしまった微細ながん細胞を抗がん剤や内分泌療法で治療するのですが、耐性のあるがんが残り、残ってしまったがん細胞が、再び増殖を始めてしまう状態です。そのため、がん細胞が増殖しますと、腫瘍マーカーが上昇し、再燃がんになると、複数の箇所に転移し、リンパや血液を通って、他の臓器に浸入するので、そうなると手術で取りきれない限り、完治が難しくなります。

再燃がんの原因
再燃がんはがんの再発や転移と同じでがんの状態です。この原因は手術前のがんの診断で、がんが違う部位にあれば移行していれば転移となり、術後に同じ部位にできた場合は再燃となります。その為、手術でがんを完全に摘出されていなかった場合、再燃がおこる事があります。これは手術前の診断などでも確認できなかった微小ながん細胞が残っていた為です。

再燃がんの検査と診断
治療でいったん低下したPSA値が上昇して、多臓器に転移が認められた場合を再発がんと言います。最初から進行がんと診断されて、内分泌療法を中心に治療して、いったん低下したPSA値が再び上昇した場合を再燃がんと言い、どちらもPSA値が上昇して初めてわかり、検査方法はありません。治療方法もまだ定まっておらず、再発や最燃したら根治治療は難しいです。

再燃がんの治療方法
一度手術で取り除いたがん細胞が微小ながら存在し、そこからがんの細胞が増殖、そして増殖したがん細胞は他の臓器へ転移する。これが再燃がんです。これは成長速度がとても早い上に一度がんの治療で使用した抗がん剤が効かない場合が多く、治癒するのが大変困難なものとなっています。がん治癒したあとも残っているがん細胞の危険を踏まえて抗がん剤服用など再発を予防することが最大の治療法と言えるかもしれません。

再燃がんの初診に適した診療科目

再燃がんの専門外来

再燃がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ