原発性原発不明頸部転移がんゲンパツセイゲンパツフメイケイブテンイガン

原発性原発不明頸部転移がんはどんな病気?
原発性原発不明頸部転移がんとは、最初に発生した部位が特定できないまま頸部のリンパ節に転移してしまったがんの事を言います。これは最初に発生した部位での病巣よりも、転移先のほうが大きくなってしまったり、転移先の部位により症状がでやすいためとも考えられています。頸部転移がんについては、長い間頸部にしこりや痛みが続くなどの症状が現れていることもあります。


原発性原発不明頸部転移がんの症状
原発性原発不明頸部転移がんの症状は、口にものを含んだ際にしみる、舌が痛い、喉が詰まる感覚があるなどですが、初期段階では自覚症状がない場合も多くあります。そうした場合は、しこりや体の一箇所に収まらない痛み、咳が止まらず、喉が枯れるという間接的な症状がみられます。また便秘、下痢、頻尿、異常な出血、原因不明の発熱、寝汗、急激な体重減少や食欲減退もあります。

原発性原発不明頸部転移がんの原因
原発性原発不明頸部転移がんの原因は、症例数が少ないためにはっきりとした原因をつけとめられているわけではないですが、一般的には予後不良軍が見られます。複数の癌が表れている状態ですので症状を患うと完治も難しく、余命も基本的に3~4か月と短く見積もられていることが多いです。そのため、定期的な診断を行うことの重要性がわかる病気だと言えます。

原発性原発不明頸部転移がんの検査と診断
原発性原発不明頸部転移がんの検査方法は、まず身体診断と病歴聴取、尿検査、血液検査、X線検査を行います。これらの検査の時点で原発性原発不明頸部転移がんが疑われた場合、病理学的な検査を行い診断します。生検により癌が見つめられた場合、組織学的、免疫組織化学、逆転写、細胞遺伝子学的分析、光学検査のうち、少なくとも1つの臨床検査を実施します。

原発性原発不明頸部転移がんの治療方法
原発性原発不明頸部転移がんの基本的な治療法には、幾つかの選択肢があります。特に、手術では頸部の切除する部位が大きく異なります。この切除する部位の大きさに応じ手術は異なり、下顎の骨から鎖骨までを切除するものや、全てのリンパ節を切除してしまうものなどがあります。又、頸静脈や顔を動かしたりするときに使う神経を摘出してしまうものもあり、症状により手術法が異なっているのです。

原発性原発不明頸部転移がんの初診に適した診療科目

原発性原発不明頸部転移がんの専門外来

原発性原発不明頸部転移がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ