多発がんタハツガン

多発がんはどんな病気?
多発がんは同じ部位・臓器の離れた場所に多数のがんができてしまう病気です。がんの転移や再発はこの多発がんには含まれません。腫瘍の数に関係なくひとつのがんとして数えられます。治療は手術でがん細胞を取り除くことが一番で、一般的ながんと同じように抗がん剤治療も基本になります。同時に放射線治療も行なわれ、がんの消滅を期待します。


多発がんの症状
多発がんは、同じ臓器の別の場所にがん細胞が何か所も現れる症状のことを指します。多発がんの多くは、非浸潤がんというがんが同じ臓器の中で広がって複数個所で浸潤したものです。多くの場合、臓器全体にがん細胞が広がっていると考えられます。がん細胞も小さいうちは、なんら症状はなく、周りの臓器に影響を及簿さない限り良性腫瘍と呼ばれます。

多発がんの原因
多発がんは同じ臓器に原発癌が複数できることをいい、癌になる原因は、能動喫煙、受動喫煙、飲酒、肥満、野菜不足などによって体内の細胞がコントロールを失い必要がないのに分裂増殖をおこし、自律的に増殖するようになった細胞ができます。この腫瘍細胞には悪性と良性があって、悪性のほうが正常な細胞の栄養分を奪い体に変調をきたす原因となります。

多発がんの検査と診断
多発がんの検査方法は、がんの検診や治療が可能な病院で受ける事が必要になります。具体的な検査方法は、放射線を使った方法が中心になります。また多発がんは様々な臓器に転移しますので、あらゆる臓器の検査を行う事になります。さらに検査方法も緻密になりますので、日数を要する場合もあります。その為に転移したガンを発見する可能性が大きくなります。

多発がんの治療方法
多発がんの治療法はいくつかあります。手術で全摘出を行うことや、放射線治療、抗がん剤治療などです。多発がんはその名の通りがんが多発し、がん細胞が複数あるため場所にもよりますが、摘出では難しいこともあります。治療法も多様化し、技術も上がってきている為、今では放射線治療が多いようです。抗がん剤治療は副作用がひどく、全身の毛が抜け落ちることなどから最後の手段に使われることが多いです。

多発がんの初診に適した診療科目

多発がんの専門外来

多発がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ