多段階発がんタダンカイハツガン

多段階発がんはどんな病気?
多段階発がんとは複数の遺伝子の順次変化によって起こるがんのことです。段階は「イニシエーション」「プロモーション」「プログレッション」の三段階です。第一段階のイニシエーションでは正常細胞ががん細胞に変化する段階で、DNAに傷をつけることに起因します。第二段階では第一段階で起こったがん細胞が増えて、悪性に変化する段階です。第三段階はがんが成長する段階で、体内でよりがんが成長しやすい環境が作られます。


多段階発がんの症状
がんとは遺伝子変化の積み重なったものであり、これを多段階発がんと言います。第一段階のイニシエーションから始まり、第二段階のプロモーションへ変化し、第三段階のプログレッションへと繋がっていきます。最終的な症状として、体力の衰退や体重の減少等が挙げられます。予防法として、生体内で発生するフリーラジカルの予防ががん予防とされています。

多段階発がんの原因
多段階発がんの原因は主に長期間たばこやお酒を利用したことで慢性的に起こる細胞への障害が原因になっていることが多いものです。特にたばこやお酒以外でもストレスや食品添加物によって発生する活性酸素が原因で細胞のDNAが破損したり、破損したDNAを修復できなくなって突然変異を起こしてしまう事でがんの細胞が発生し、慢性的なもので大きくなってしまいます。

多段階発がんの検査と診断
肝がんの多段階発がんリスクの検査方法は血液検査が最も効果的です。血液検査で肝炎ウィルスを持っているかどうかを調べることで、多段階発がん発症リスクを知ることが出来ます。簡単な血液検査を一度行うだけで、そのリスクを知ることが出来るため、非常に有用な検査方法です。人間ドッグや健康診断時のオプションとして検査したり、風邪などで通院した際のついでに検査するといいでしょう。

多段階発がんの治療方法
多段階発がんの主要な治療法には放射線を利用したものがあります。この放射線を活用した治療は、出力の高い放射線を使って、がん細胞を破壊する治療です。この治療では外科的な手術のように、患部を切開する必要がないため、臓器の機能に影響を与える事が少なく、身体的なダメージを抑えた治療が可能です。又、腫瘍に限定して照射することで、ダメージの少ない治療を行う事も可能です。

多段階発がんの初診に適した診療科目

多段階発がんの専門外来

関連部位から他の病名を探す

多段階発がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ