周期性四肢運動障害シュウキセイシキウンドウショウガイ

周期性四肢運動障害はどんな病気?
周期性四肢運動障害とは、睡眠中に手や脚の筋肉に瞬間的にけいれんが起こり、眠りが中断されるという睡眠障害です。


周期性四肢運動障害の症状
周期性四肢運動障害が悪化すると、昼間に眠気が強くなってきくるなど、中高年から症状が出てくることが多いです。自分では足の動きに気づかず、睡眠が浅い、頻繁に目が覚めるといったことを訴える人も多くいます。

周期性四肢運動障害の原因
原因はまだ十分解明されていませんが、むずむず足症候群にしばしば合併する病態で、睡眠中に足のピクツキが周期的に出現するものです。

周期性四肢運動障害の検査と診断
診断は終夜睡眠ポリグラフ検査により行われます。

周期性四肢運動障害の治療方法

治療管理はむずむず脚症候群に準じて行われます。

周期性四肢運動障害の初診に適した診療科目

周期性四肢運動障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ