瞼裂狭小症候群マブタキレキョウショウショウコウグン

瞼裂狭小症候群はどんな病気?
瞼裂狭小症候群は、生まれつき瞼が下がっている先天性眼瞼下垂の一種で優性遺伝する先天異常でなり、上瞼と下瞼の間の水平径や、垂直径、その両方がが縮小してしまっており、左目と右目の間隔が異常に離れたように見えるのが特徴です。基本的に治療は手術のみですが、あくまで外観や見た目を整えることが目的で、目の機能を正常に発達させることが先決となります。


瞼裂狭小症候群の症状
瞼裂狭小症候群は、まぶたを上げる筋肉の発育不全により、上まぶたと下まぶた間の水平径と垂直径の両方が小さくなり、目と目のあいだが離れたように見える症状が特徴的です。また、目を大きく開けることが困難で、下あごを挙げて物を見る癖がつくこともあります。目を使わない状態が続くと、視力の低下を招き弱視用のメガネでも矯正できなくなります。

瞼裂狭小症候群の原因
瞼裂狭小症候群は、優性遺伝で起こり得る症状で、両親のどちらか、若しくは両方が、瞼裂狭小症候群の遺伝子を持っていることが原因で発症することがあります。しかし、両親のどちらも瞼裂狭小症候群の遺伝子を持っていないのに、その子供が発症している例もあり、必ずしも優性遺伝だけが原因となるものではなく、原因が不明であることもあります。

瞼裂狭小症候群の検査と診断
瞼裂狭小症候群の検査方法は基本的に眼科に行き、精密検査や染色体異常などになっていないかなどの検査をしますが、異常がないことが多いです。さらに症例も少ないのできっちりとした検査方法が確立されていないのも大きいです。ですが、これは発症したら一刻を争うような病気ではないので焦る必要はあまりありません。最終的には手術で治すことが一般的です。

瞼裂狭小症候群の治療方法
基本的な瞼裂狭小症候群の治療法としては、手術が一般的です。特に、先天性のものである場合は手術が多くなり、重症のケースでは視力に大きな支障をきたす事もある為に、早期の手術が必要な場合もあります。又、瞼裂狭小症候群で脳梗塞の後に起きたものは、病状を観察する事も多く、この疾患の特定の症状には薬物療法も用いられる事があります。

瞼裂狭小症候群の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

瞼裂狭小症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ