副腎インシデンタローマフクジインインシンデンタローマ

副腎インシデンタローマはどんな病気?
副腎インシデンタローマとは、副腎偶発腫瘍とも呼ばれ、腹部や腰部の異常原因を調べるため、腹部の超音波検査やCT検査を行なった際、偶然に副腎に見つかる腫瘍のことを指します。副腎腫瘍は、検査目的の症状とは無関係であることが多いので、疾患に対する治療を行ないます。見つかった腫瘍は経過観察し、必要に応じて鑑別を行ない摘出手術をする場合があります。


副腎インシデンタローマの症状
腹痛などがひどい場合、食中毒などの症状いった食害などを疑う事が多いものです。原因を調べた上で、病院などで検査を受け超音波やCT検査を行なった結果見つかる腫瘍のことを副腎インシデンタローマをいいます。この場合、この副腎腫瘍は偶発種と呼ばれるもののため、腹痛の原因とは無関係であるケースが多いとされます。腹痛の原因となる疾患に対する治療を行います。

副腎インシデンタローマの原因
副腎インシデンタローマは、ホルモンを過剰に生産する機能性、ホルモンを作らない非機能性、ともに原因が殆ど解明されていません。RET遺伝子という癌の遺伝子に異常が起こり、一部の褐色細胞腫が発生することがあると判明しており、これが多発性内分泌腫瘍症の初期症状の場合があります。副腎は体内の最深部に位置するために検査が難しく、今後の研究が待たれるところです。

副腎インシデンタローマの検査と診断
副腎インシデンタローマは、健康診断の際や、腹痛などの腹部症状があるために超音波検査やMRI、CT検査を行った結果、偶然見つかったものを言います。近年、画像検査機器などの普及によって、これらの検査方法で偶然発見されることが増加しています。副腎インシデンタローマには、様々な病気があるので、精密検査で性状を診断して、対策をたてることが重要です。

副腎インシデンタローマの治療方法
副腎インシデンタローマは、健康診断の際や、腹部症状の検査のために行われた超音波検査、MRI、CTなどにより、偶然発見されるものです。多くは良性ですが、腫瘍が大きいと悪性である可能性もありますので、手術によって摘出する必要があります。良性でも、ホルモンを過剰に産出している場合には、治療を行うことがあります。副腎インシデンタローマには、いろいろな病気があるので、治療法も様々です。

副腎インシデンタローマの初診に適した診療科目

副腎インシデンタローマの専門外来

関連部位から他の病名を探す

副腎インシデンタローマに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ