竹節骨折タケフコッセツ

竹節骨折はどんな病気?
竹節骨折は、圧迫骨折の一種で骨の柔らかい子供に多い骨折です。上下からの圧迫で潰れ骨折部分は竹の節のような形になります。転んで手をついた拍子に手首を竹節骨折する事が多いです。外見からは、違いが分からない為に病院に行っても捻挫との診断が出る場合があります。痛みが改善されなかったり、子供が手をかばうような姿勢をしている時は再度病院で診てもらう必要があります。


竹節骨折の症状
竹節骨折は症状が軽い場合には患部が少し腫れる程度で、触らなければ痛くなかったりして骨折だと気付かないことも多くあります。赤ん坊や小さな子供の場合には、見た目の変形もなく、痛がる様子も見られないため見過ごしてしまう母親も多くいます。痛みで泣いたりしない場合でも、竹節骨折を起こしていればいつもと物を持つ手が違ったり、姿勢が違っていたりします。

竹節骨折の原因
竹節骨折は、赤ちゃんや子どもの骨が大人と比べて柔らかく弾力性に富んでいるために起こります。有機成分であるコラーゲンが多いため、本来なら折れてしまうような力が加わっても、ぐにゃりと曲がり、折れません。部分的に圧迫されることで、竹の節のように膨らみます。手首に起こることが多く、子どもが転んだり高いところから落ちたときに、手を強く突くことが主な原因です。

竹節骨折の検査と診断
竹節骨折は圧迫が原因で起こる骨折で、主に子供が転倒して手をついたときに起こります。この骨折の検査方法としては、まずどのように骨折しているか調べる必要があります。そのために単純X線撮影やMRI、CTなどにより行います。時に捻挫と診断されてしまうこともあるので、数日たっても腫れや痛みが引かない場合は再度検査を受ける必要があります。

竹節骨折の治療方法
小児や思春期以前の子供に起こる事の多い竹節骨折は、子供の骨が大人の骨に比べて、柔軟性に富んでいるために、自然治癒することも多いので、基本的には経過観察することが多いようです。しかし、悪化しないようにとる治療法としては、骨折した部分が動きやすいように副え木を当てたり、ギプスを使って固定したり、牽引をするなどの保存的治療を行います。

竹節骨折の初診に適した診療科目

竹節骨折の専門外来

竹節骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ