急性うっ滞性乳腺炎キュウセイウットドコオリセイニュウセンエン

急性うっ滞性乳腺炎はどんな病気?
急性うっ滞性乳腺炎は、乳腺の炎症で、おもに授乳期や産じょく期に起こる、細菌感染です。黄色ブドウ球菌や、連鎖球菌によって生じることが多いです。細菌は乳頭部分の亀裂や、びらんなどから侵入し乳腺内の乳汁を良い培地として急速に増殖します。短期間で増殖するために、乳房は赤くはれ、腫瘍部にはしこりが出来て、激痛が走ります。早期であれば抗生物質の投与で治癒します。


急性うっ滞性乳腺炎の症状
急性うっ滞性乳腺炎とは、授乳期の人の乳腺内に乳汁がたまってしまうことで起こります。早く処置をしないと、中で膿がたまってしまうことがある病気で、赤ちゃんの飲みが悪い、乳頭の発達遅延による障害などが原因です。症状としては乳房が大きく腫れ、乳房皮膚の静脈が拡張し、乳房の緊満感、痛みを感じます。発熱などの全身症状は軽いことが多いです。

急性うっ滞性乳腺炎の原因
急性うっ滞性乳腺炎の原因は、乳腺内にたまった乳汁です。出産後、乳腺内で乳汁が盛んにつくられるようになりますが、乳管が十分に開口していない場合に乳汁が乳腺内にたまり発症します。陥没乳頭など乳頭のトラブルで乳児が十分に乳汁を吸飲できない場合や、乳児が飲む量に比べて盛んに乳汁がつくられて飲み残しがある場合なども、急性うっ滞性乳腺炎の原因となります。

急性うっ滞性乳腺炎の検査と診断
急性うっ滞性乳腺炎の主な検査方法は医師の視診になります。この疾患は乳房が広い範囲にかけ腫れるという特徴があり、乳房が部分的に硬化する事に加え、患部に痛みが生じます。また、この疾患では皮膚が赤くなることがあり、発熱がみられるものです。その為、これら乳腺炎に特有の症状を確認することで、この疾患を判別することが可能になるのです。

急性うっ滞性乳腺炎の治療方法
急性うっ滞性乳腺炎の治療法は、まず溜まっている乳汁を搾乳します。また炎症を抑えるために乳房を冷やします。乳汁が溜まらないように、授乳の際に乳児を抱える向きを変え、様々な角度から吸ってもらうのも効果的です。陥没乳頭や乳頭が短いなどの原因で、乳児が乳汁を上手く吸えずに急性うっ滞性乳腺炎を発症している場合は、乳児が吸いやすいように乳頭を引き伸ばしたり、乳頭のマッサージを行います。

急性うっ滞性乳腺炎の初診に適した診療科目

急性うっ滞性乳腺炎の専門外来

急性うっ滞性乳腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ