関節損傷カンセツソンショウ

関節損傷はどんな病気?
関節損傷は何らかの原因で関節が損傷を受けたりする病気です。損傷を受けると、関節を曲げたり伸ばしたりすると痛みが生じ動作が困難になります。主原因はねんざや脱臼といったものが多いですが、分からない場合も多いです。治療としては関節中心の治療になり、整骨院でのリハビリを行います。ねんざや脱臼を起こした時には関節損傷のおそれがあるため早急に病院に行き治療を行うことが重要です。


関節損傷の症状
関節損傷とはその名の通り何らかの原因で関節が外れたり、損傷を受けた場合に起きるもので、その症状は主に屈曲と伸展と呼ばれる、関節の曲げ伸ばしに支障が生じるというものです。また、曲げ伸ばしがしにくくなるだけではなく、痛みもともなう為、関節を曲げ伸ばしする動作自体が困難になる場合が多く、生活に支障が出てくる程の症状であると言えます。

関節損傷の原因
関節損傷は、間接が何かしらの原因によって外れてしまったり、損傷を受けてしまったりすると、その伸展や屈曲に問題が生じてしまい、痛みが出て来ることになりますので、動作が困難になってしまうのです。その原因は、脱臼や捻挫が代表的なものとなっております。またこれ以外には、膝内障だったり、肘内障だったり等の症状にも見られることがあります。

関節損傷の検査と診断
関節損傷の検査方法は、整形外科に行って、最初に専門の医師による診察を受けた後に関節損傷と疑われる所の患部の付近を調べるために、レントゲンによる検査を行います。レントゲンによる判断が不明瞭な場合は、CTやMRTなどを使用して、関節損傷をしている箇所の細部の検査を行います。検査を行った後に、損傷の具合を専門の医師が確認して、患者に状況を伝えます。

関節損傷の治療方法
関節損傷は間接の損傷の部分と状況によって治療法が変わります。原則的には、手術による関節の修復の作業によって損傷した箇所を治していきます。手術の内容は、関節の脱臼の場合は手術で用いる道具を関節に直視下に展開する方法を用います。完全に損傷している場合は、特殊な器具や関節同士を結び合わせる糸を使って関節を修復していく治療法で治療をします。

関節損傷の初診に適した診療科目

関節損傷の専門外来

関連部位から他の病名を探す

関節損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ