良性膿腫リョウセイノウシュ

良性膿腫はどんな病気?
良性膿腫は発育速度が緩徐で、発育形式は膨張性または圧排性で境界が明瞭で、一般的には皮膜が存在し、核分裂像はほとんどなく、細胞異型は軽度で、転移はなく、再発もまれなのが特徴です。局所の神経・血管等の圧迫症状を呈しますが、切除により解除されます。一般的には少ないですが、機能性内分泌腺腫では産生ホルモンによる症状が発現します。


良性膿腫の症状
良性膿腫は、悪性の膿腫とは異なり緊急を要するものではない場合が多いものです。しかし、膿腫のできた部分によっては様々な症状を引き起こしてしまう可能性があります。医療機関での定期的な経過観察を続けることが必要となります。時として、いつもと異なる症状が現れた際には、迅速に医療機関を受診し適切な治療を行うことが大切なことです。

良性膿腫の原因
良性膿腫の原因は、主に現在では遺伝子の変異といわれています。良性の脳腫瘍を進行させるものとして、高タンパク、高脂肪の食べ物の過剰摂取、喫煙、過度のストレスがあげられています。また、体のほかの臓器にがんがある場合、肉親や親せきに脳腫瘍を発症した人がいる場合には、普通の人より脳腫瘍のリスクが高くなります。他にも、パソコンや携帯電話に長時間接していると、発症のリスクが高まるといわれています。

良性膿腫の検査と診断
良性膿腫とは悪性の腫瘍とは異なり、転移や増大はほとんどしません。この検査方法としては一般的にMRIを用いた検査が一般的です。最近ではMRIの技術が進歩したため、小さな段階のものでも発見が容易になりました。また、そのほかにもPET検査という脳の腫瘍に対してどこに発生しているのか、どこまで進行しているかなどの検査方法も存在します。

良性膿腫の治療方法
良性膿腫の治療法には、幾つかの選択肢があります。この膿腫の治療には、薬物治療や開腹手術など治療法があり、以前は手術で病巣を取る除く事が一般的でしたが、現在は病状が悪化した時に手術を行う事が多くなっています。この手術では病巣だけを取り除く場合や、他の部位も全体的に切除してしまう場合など、この疾患の病状により変わってきます。

良性膿腫の初診に適した診療科目

良性膿腫の専門外来

良性膿腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ