硫酸亜鉛混濁反応リュウサンアエンコンダクハンノウ

硫酸亜鉛混濁反応はどんな病気?
硫酸亜鉛混濁反応とは、硫酸亜鉛混濁試験により検査することが出来る肝機能の値のことであり、これにより肝硬変などの肝臓疾患について検査することが出来ます。硫酸亜鉛混濁反応を調べる際は血液検査が行われ、肝機能が正常であるかを見ることが出来るのです。もしも数値が基準値を上回れば肝硬変や肝臓がん、下回れば糖尿病や悪性高血圧の可能性があります。


硫酸亜鉛混濁反応の症状
硫酸亜鉛混濁反応は、肝機能の状態によってその数値に変化が現れる検査です。肝細胞の崩れる症状により検査に反応が出ます。硫酸亜鉛混濁反応の数値が高くなる症状を示す疾患には急性および慢性の肝炎・肝硬変・肝臓がん・こう原病などがあります。一方硫酸亜鉛混濁反応で低い数値を示す疾患には胆汁のうっ滞や高たんぱく尿疾患などがあります。

硫酸亜鉛混濁反応の原因
硫酸亜鉛混濁反応の高低の原因は、非常に多くあり、ひとつに絞ることは難しいケースも存在します。反応が高い場合は結核、癌、肝細胞癌、慣性炎症などが原因であるケースもあり、他の検査をすることで、より詳しく判断することが可能となります。反応が低い場合であれば、胆内胆汁うっ滞、胆外胆汁うっ滞、溶血性黄疸などが原因である可能性があります。

硫酸亜鉛混濁反応の検査と診断
硫酸亜鉛混濁反応とは、一般的な血液検査のことで、血清タンパクの代謝機能を調べる検査方法の1つです。方法は、硫酸亜鉛液の試薬を採血した血清に加え、亜鉛と反応するγグロブリンとの反応によって起こる混濁や沈殿の具合からγグロブリンの量、質的な変化をみます。硫酸亜鉛混濁反応はしばしば肝機能障害の検査方法として用いられ、また症状の経過を見るときにも使用されます。

硫酸亜鉛混濁反応の治療方法
硫酸亜鉛混濁反応の高低差によって肝機能が正常に働いているかを見て、その病変にあわせた治療法を進めていきます。慢性肝疾患の場合は、経過観察と食事療法がメインの治療法です。中にはがんや胆のうの病気も見つかれば、それにあわせた治療法で行っていきます。それぞれの病気に効果のある薬剤の投薬や手術などで、患者様命を救うことを重点に治療を進行していくのです。

硫酸亜鉛混濁反応の初診に適した診療科目

硫酸亜鉛混濁反応の専門外来

硫酸亜鉛混濁反応に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ