疣状母斑イボジョウボハン

疣状母斑はどんな病気?
疣状母斑は出生時、もしくは、小児時に疣状のザラザラした盛り上がり(丘疹)が多数重なって出来たものです。色は通常の肌色か、褐色です。気にならなければ、そのまま放っておいておいても問題はないのですが、自然に消えることはないものです。見た目が気になるようであれば、炭酸ガスレーザーを用いて、焼灼するか。、外科的切除術、または、皮膚を削り取る手術を行います。


疣状母斑の症状
疣状母斑の主な症状は、皮膚上にざらざらしたいぼのようなものが集まって小さく盛り上がり、皮膚色が褐色をしています。列序性母斑の場合、小さな盛り上がりがブラシュコ線という皮膚の一定方向に多数集まってできます。片側性母斑の場合、体の片側だけに広範囲にでき、まれに骨や脳の異常を伴うことがあります。かゆみなどは普通ありませんが、列序性苔栓癬様母斑の場合、かゆみや湿疹の症状が現れます。

疣状母斑の原因
人間の皮膚には、様々な疾患が現れる場合があります。それは先天的なものから後天的なものまで様々ですが、疣状母斑は出生児、また幼少期からみられる皮膚の疾患です。これはいわゆる表皮部分の痣ですが、それが現れる確かな原因は分かっていません。原因不明ではありますが、疣状母斑に関しては、単発で発生する場合が多いことが分かっています。

疣状母斑の検査と診断
疣状母斑の検査方法についての基本的なポイントは、皮疹の有無を観察することです。この検査を確定するためには、皮膚を少し除去して病理組織の生体検査を行う事が一般的です。しかし、身体に広範囲に点在していると、成長の障害、骨の変化、脳腫瘍などを伴うケースがあります。このようなケースでは、内臓への病変への対応も必要なケースがありますので、他の検査も行います。

疣状母斑の治療方法
疣状母斑の基本的な治療法としては、外科的な手法が一般的なものとなります。この治療の目的は審美的な側面が大半なので、メスでの切除か、浅い部分の母斑の場合は皮膚を削りとる術式が用いられます。又、最近ではレーザーを用いて母斑を削る方法もあります。この母斑は深い位置なので、メスによる切除が有効とされ、傷跡が残らないように慎重に治療を進める事が重要になるものです。

疣状母斑の初診に適した診療科目

疣状母斑の専門外来

疣状母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ