盲がんモウガン

盲がんはどんな病気?
盲がんとは盲腸、大腸などに発生するがんのことであり、薬や手術によって治すことができます。基本的に薬で消し去ることはできませんから、根本的には切り取る以外には完治させることは出来ないので注意することです。但し、稀ではありますが、癌というものは勝手に消えることがあります。原因はいまいちわかっていないのですが、そうしたことがあるのです。


盲がんの症状
盲がんは早期の段階では、ほとんど症状のないことが一般的です。しかし進行するに従って、血便が出たり、下痢や便秘を繰り返したり、腹痛を起こしたりと、さまざまな症状が表れはじめます。血便は便に血液が滲む程度のものから、便器に広がるほどの鮮血、また便通においては、便の出にくい症状をはじめ、慢性的に下痢や便秘に苦しむことになります。

盲がんの原因
盲がんの原因は主に脳の外傷によるものです。眼球に異常があっても、それそのものが原因ではなく、脳卒中や脳腫瘍、脳血管障害など、脳が外傷を受けたことで脳神経が障害を起こし発症します。盲がんは脳の外的障害が原因ですが、それは一段階にすぎず、脳の神経を圧迫して起こるため、盲がんを発症してからその他の病状が出てくることが一般的です。

盲がんの検査と診断
大腸癌(盲がん、結腸がん、直腸がん)の検査方法で簡単なのは便潜血検査です。便検査で陽性の場合、血液検査による腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、大腸内視鏡検査があります。大腸内視鏡検査でがんと診断されました場合、進行癌かどうかコンピュータ断層撮影(CT)を行います。手術は内視鏡、腹腔鏡手術、開腹手術があります。大腸癌予防には食物繊維の多い食事が良いと言われています。

盲がんの治療方法
盲がんの治療法は腫瘍が出来ている部分を手術により切除を行います。転移の可能性もあるため発見が遅れると他の臓器にも移っていることがあるため可能性のあるがんの部位は盲がん以外にも切除することがあります。小腸や大腸にも転移していることがあるために盲がんの疑いがあったら速やかに切除を行い転移しないように治療を行うことが大切です。

盲がんの初診に適した診療科目

盲がんの専門外来

盲がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ