免疫学的記憶メンエキガクテキキオク

免疫学的記憶はどんな病気?
免疫学的記憶とは、一度体内に侵入した細菌は、二度と同じ発症を繰り返さないという免疫の仕組みについて言ったものです。最初に細菌等の抗原が体内に侵入した時、それらを退治するために抗体の合成が体内で始まります。そのできた抗体が、次に同じ細菌が体内に侵入した時には、最初の時とは違って、素早く対応して抗体の増産するという免疫反応を示すことになります。その獲得した免疫的能力を免疫学的記憶といいます。


免疫学的記憶の症状
人は、あらゆる病気や疾患症状などを経験することで、細胞や皮膚において病原菌などを防御する抗体ができるようになります。免疫学的記憶、医学的には「免疫系」と呼ばれるもので、健康増進において重大な役割を果たしています。一方で、この免疫系の不全によって起きる感染症なども確認されており、医薬品などの投与により免疫系が弱まる時期には一層の注意が必要になります。

免疫学的記憶の原因
抗体は細菌やウイルス等の病原体に対して特異的であり、一度細菌やウイルス等の病原体に侵された場合は、免疫を獲得することにより次回同じ病原体に侵されると、速やかにそしてより強力な抗体を産生する事が出来る原因となります。この能力はものによっては数十年に渡って保持されるものも有ります。この能力獲得が「免疫学的記憶」と呼ばれます。

免疫学的記憶の検査と診断
免疫学的記憶は人間の体に備え付けられているウィルスに対する抗体記憶の一つとして命の危険性を予防するための機能です。免疫学的記憶に関する検査方法は、一般的には血液検査や免疫血清検査、検便や一般検査から生理機能検査など様々に行われることで抵抗力が体に存在していることを確認していけます。検査の後に免疫学的記憶ない場合には医療措置が必要になる場合があります。

免疫学的記憶の治療方法
免疫学的記憶を利用した治療法として有名なものとしては、現在最も注目が高まっているがん治療の最先端「免疫療法」の中の一つ「がんワクチン」ではないでしょうか。この治療法は、まだまだ開発・研究途中の段階で現在も進行中です。この免疫学的記憶の治療法がもっと新しいものが開発されれば、がんのみならず、感染症やアレルギー性疾患の治療にも応用できる要素を持っています。

免疫学的記憶の初診に適した診療科目

免疫学的記憶の専門外来

免疫学的記憶に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ